26歳の誕生日・吉沢亮、根暗キャラから飲酒で“豹変” 映画『一度死んでみた』本編映像解禁

26歳の誕生日・吉沢亮、根暗キャラから飲酒で“豹変” 映画『一度死んでみた』本編映像解禁

 女優の広瀬すず主演で、吉沢亮と堤真一が共演するコメディー映画『一度死んでみた』(3月20日公開)。きょう2月1日に26歳となった吉沢の誕生日を記念し、彼が演じるオタクたちとのコミカルな掛け合いシーンを切り取った本編映像が解禁になった。



【動画】吉沢亮がお酒で豹変… 『一度死んでみた』本編映像



 同作は、ソフトバンクの『白戸家』シリーズなどのCMを世に送っているCMプランナー・澤本嘉光氏がオリジナル脚本を手がけ、auの『三太郎』シリーズなどを手がけているCMディレクター・浜崎慎治氏が映画初監督を務める。



 売れないデスメタルバンドでボーカルを担当する女子大生・七瀬を広瀬、製薬会社を経営する父親・計(はかる)を堤、計の部下で存在感がなさすぎる松岡を吉沢が演じる。“2日間だけ死んじゃう薬”を飲んだ計が仮死状態になり、2日後には生き返るはずだったが、何者かの陰謀によりそのまま火葬されてしまいそうになる。父が大嫌いだった七瀬だが、松岡とともに立ち上がることを決意し、計を生き返らせようと奮闘していく。



 吉沢は演じる松岡は、顔が隠れるほどの長い前髪と丸メガネで、根暗な雰囲気を醸し出している。計から娘の七瀬の動向を見張る仕事を課せられた松岡は、彼女のライブに足を運び、ファンのオタク(加藤諒)らに絡まれてしまう。



 居酒屋のシーンでは、お酒が飲めないにもかかわらずオタクたちからすすめられると普段の根暗キャラから一変。オタクの一人に馬乗りになり、なぜかほかの客にまでも土下座させるなど、性格が激変。ジョッキを片手に「集合かけたら5分で来い!」と“爆笑必至”の映像になっている。

カテゴリ