あれ、もしかして?「女友達」を異性として意識する瞬間

あれ、もしかして?「女友達」を異性として意識する瞬間

友達としか思っていなかった女性のことを、急に異性として意識してしまうのは意外とよくあること。


だからこそ、どういったときに男性が思わずドキッとするものなのかを知っておくと、友達以上の関係にもなりやすいでしょう。


そこで今回は、“女友達”を異性として意識する瞬間を紹介します。



“自分好み”にイメチェンした


好きな男性がいるのなら、その男性の好みに多少は近づいてみるというのもひとつの方法。


友達だと思っていた女性が、イメチェンをして自分好みの女性になったら、ドキッとせずにはいられないはず。


そしてそれと同時に、確実に異性としても意識してしまうことでしょう。


全てを男性好みにする必要はないので、例えば髪型や服装など、わかりやすいポイントをいくつかイメチェンしてみると、男心を揺さぶることができますよ。


急なボディタッチがあった


女性からボディタッチをされると、男性は思っている以上にドキドキするものです。


友達であれば、そもそも近い関係性にはあるでしょうから、あえてそこを利用して触れてみるといいかも。


酔ったときにちょっと寄りかかったり、寒いと言ってくっついたり、そんなことでも十分に効果はあるはず。


もし勇気や覚悟があるのなら、ふたりで歩いているときに思いきって手をつないでみると、「私はあなたに好意がある」とはっきりと示すことができるでしょう。


自分だけに話してくれた


自分だけに話してくれた


何か大事な話や相談をしたときに、「○○くんにしか言えない」といったひと言をつけ加えるだけで、男性の心をつかむことができます。


他の男性ではなく自分にだけ話してくれたという事実に、男性はプライドや優越感をくすぐられるもの。


また同様に、たくさんいる友達の中でも、誰よりも先に打ち明けるというのも大きなポイントになります。


それだけ大事な存在として自分のことを捉えてくれていると感じたら、男性もあなたのことを友達以上の存在に感じ始めるはずですよ。


“ふたりきり”が増えた


やはりふたりきりになることが多くなると、自然と“男と女”として意識しやすくもなっていきます。


今までは友達みんなで会うことが多かったのに、急にふたりで会いだしたりすると、余計にドキドキ感は増すはず。


友達の一線を越えたいのであれば、何かと理由をつけてふたりでいる時間を作りだすことが大事。


急にふたりきりで会ったりするのが難しいのなら、まずはLINEでのやり取りを増やすようにするのも、ふたりきりの時間を持つことには変わりないですよ。


おわりに


仲良くなるだけでは、恋愛関係にまでは進展できないかもしれません。


ちゃんと異性として男心を揺さぶることも心がけるようにすると、ふたりの関係性も変わっていくはずですよ。


(山田周平/ライター)


(愛カツ編集部)



カテゴリ