日曜夜が熱い今期ドラマ 『テセウスの船』『麒麟がくる』に連ドラの醍醐味を味わう視聴者の姿

日曜夜が熱い今期ドラマ 『テセウスの船』『麒麟がくる』に連ドラの醍醐味を味わう視聴者の姿

 TBS系日曜劇場『テセウスの船』とNHK大河ドラマ『麒麟がくる』の評価が、今期ドラマのなかで飛びぬけている。1月26日に2話目が放送された『テセウスの船』が『コンフィデンス』誌によるドラマ満足度調査「オリコン ドラマバリュー」で100Pt満点中91Ptを獲得。1話目の71Ptを大きく上回った。また同日に2話目が放送された『麒麟がくる』も初回69Ptから86Ptと急上昇した。



【貴重写真】デビューのきっかけ…オーディション合格時の竹内涼真



■2話目で竹内涼真の演技が高評価を得た『テセウスの船』、Twitterの犯人考察も賑わう



 初回冒頭の雪山のシーンからサスペンス・タッチに引き込まれる『テセウスの船』。原作は『モーニング』(講談社)で東元俊哉氏が連載したタイムパラドックスミステリー。『下町ロケット』(2015年)、『陸王』(2017年)、『ブラックペアン』(2018年)と日曜劇場に出演してきた竹内涼真が初の主演に抜擢された話題作だ。



 自分が生まれる前に父・文吾(鈴木亮平)が殺人犯として逮捕され、加害者家族として世間からの厳しい視線にさらされてきた田村心(竹内涼真)。母(榮倉奈々)からは「外では、絶対に笑ったり泣いたりしちゃいけないよ」と言われ、常に人目を気にする人生――。そんな彼の過去を受け入れて、「信じてみたいの。心のお父さんだから」と、冤罪を主張する父の事件を調べていた最愛の妻・由紀(上野樹里)が「音臼村では幾つもの不可解な事件や事故が起きてる」と言い残して亡くなってしまう。そんな折、音臼村を訪れた心は、突然、事件直前の平成元年にタイムスリップしてしまう。



 優しい笑顔が溢れる31年前の家族。そこに事件を経て変わり果てた、笑いのない姿が挿入される、恐ろしいコントラストは、観る側を震撼させる。残された新聞記事のスクラップ・ノートを手に一つひとつ、過去に起こった事件を未然に防ごうと動く心。歴史を変えることはできるのか。しかし未来から来た心が動けば動くほど、村人からは疑を向けられてしまう。



 Twitter上では、原作者の東元俊哉氏まで参加して、真犯人探しで盛り上がっている同ドラマだが、満足度を項目別で見ると、「主演」が9Ptから18Pt、「主演以外」が9Ptから17Ptへと倍増、さらに「内容」も12Ptから18Ptへと評価を急上昇させている(各項目20Pt満点)。



 視聴者からは、「犯人が分からなくて怖かった。竹内涼真くんの演技が迫力あってとても良いと思う。自分が叶わなかった家族との笑い合えるシーンは泣けた」(10代男性/神奈川)、「鈴木亮平のダークな顔と、優しい顔の二面性を演じている姿が怖いくらい気合いが入っていてよかった」(50代女性/和歌山)、「ユースケ・サンタマリアさんの演じる刑事のいやらしさが際だっていた」(30代男性/岡山)、「今期一番おもしろいドラマだと思う」(20代女性/東京)、「原作を知っているがドラマの展開がどうなるか知りたい」(50代男性/香川)など、キャストやストーリー展開への高評価で溢れた。



■眼力、冷酷さが際立った本木雅弘の演技に「鬼気迫る」「恐ろしかった」の声



 謎多き存在、明智光秀を大御所・池端俊作氏のオリジナル脚本で描く『麒麟がくる』。演じるのは大河ドラマ初主演の長谷川博己。長谷川は、NHK『夏目漱石の妻』(2016年)でも脚本を担当した池端の指名だそう。



 初回、美濃から堺へ旅をし、鉄砲を手に入れ、京の荒れた姿を見た光秀は、名医望月東庵(堺正章)と駒(門脇麦)を連れ美濃に戻る。折から美濃は、尾張から織田信秀(高橋克典)の軍が攻め上がってきていた。2万人の織田軍に対し迎える斎藤軍は3000。2回目にして、大河ドラマらしい雄大な合戦シーンが繰り広げられた。「戦さは数ではない」とする斎藤道三(本木雅弘)の知恵で、籠城と見せかけ、織田軍の油断をついて追い討ちを命じたその道三のやり口に、光秀は「お主の父が嫌いじゃ」と反発し、道三の長男・高政(伊藤英明)に迫る。一方で敵の首を落とすことを躊躇した自分の愚かさを悔いる光秀。



 武士としての煩悶を演じる長谷川博己の演技に、視聴者からは「長谷川博己が好演で、新しい光秀像になりそう」(30代女性/神奈川)、「長谷川博己の戦をする顔が力強くて良かった」(50代女性/和歌山)と高評価が寄せられた。しかし、満足度が急上昇した最大の要因は、脇を固める出演者の演技を評価する「主演以外」が20Pt満点中先週の9Ptから17Ptへと倍増したことだ。



 その中心が斎藤道三を演じる本木雅弘だということは衆目の一致するところ。朗々と歌いながら娘婿の土岐頼純(矢野聖人)を毒殺するラストシーンなど、初回から本木雅弘の存在感、迫力は抜きん出ていたが、今回はさらにその眼力、冷酷さが際立った。



 視聴者の意見も「斎藤道三役の本木雅弘さんの演技に引き込まれました。恐ろしかったです」(30代女性/福岡)、「本木雅弘の斎藤道三は迫力満点で鬼気迫る物を感じさせられて良かった」(50代男性/東京)など絶賛の嵐だった。



 今期ドラマは、日曜の20時から22時が熱い。次回が待ち遠しいと思わせるこの2作品は、連続ドラマの醍醐味が味わえる秀作と言えるだろう。



●オリコン ドラマバリューとは

オリコングループの調査システム「オリコン・モニターリサーチ」の登録者から毎週、全国690名の視聴者を対象に、各ドラマの「期待度」「満足度」について、「作品」「主演」「主演以外」「セリフ」「映像」「音楽」「美術」「ストーリー展開」を10点満点で調査。「オリコンドラマバリュー」はその結果を、過去1年間のデータに照らして偏差値化した。「視聴量」「主演」「主演以外」「内容」という4項目に加え、Twitterのツイート量を加えた「話題性」の5項目を各1~20ポイントとし、計100ポイント満点で集計している。
カテゴリ