ガンプラの心象風景をジオラマ化する“匠の技術”「時間の流れをプラモで表現したい」

ガンプラの心象風景をジオラマ化する“匠の技術”「時間の流れをプラモで表現したい」

 昨年、40周年を迎えた『機動戦士ガンダム』は世界的な人気を誇る強力IPであり、その礎となったのは1980年代前半のガンプラブームだ。ORICON NEWSではこれまで自由な発想でガンプラの技術革新に貢献してきたモデラーたちを取り上げてきたが、「ガンプラ40周年記念」として彼らを改めてフィーチャーする。連載第6回目となる今回は、ガンダムワールドの心象風景を巧みに具現化する人気モデラー・あに氏&EXAM氏をピックアップする。



【イラスト風ガンプラ】セル画にしか見えない「百式」、イラスト風「GP01」など…これがガンプラなのかッ…!



■トップモデラ―渾身の技術「日常に紛れ込む違和感を表現したい」(あに)



 ガンプラ歴は約30年になるという、あに氏。「小学生の頃、ファーストガンダムが劇場公開されてそれを見て衝撃を受けたのと、ガンプラブームが重なったのがガンプラにハマった理由」なのだそう。



 11年に開催された「第14回全国オラザク選手権」では、作品「Cenote」で大賞を受賞。プラモという枠を超えた情景描写は、ジオラマのひとつの到達点と言えるかもしれない。本作についてあに氏は、「テーマは“美しく透明な湖と時間の流れ”で、こだわったのは湖の造形」と振り返った。



「この作品では、水を表現するために透明シリコンを使用しました。いつもなら水の深みを出すためにシリコンを青く着色するのですが、今回は透明感を出したかったのであえてシリコンには着色せず、海底やコアファイターに直接クリアブルーを着色することで水の透明感を損なうことなく深みを出しています」



 これ1枚でストーリーが浮かぶ、“匠の情景描写”についてのこだわりを聞くと、「自分が情景模型で表現したいと思ってることは、“日常に突然割り込んできた非日常”」だと強調した。そして「見る人に違和感を与えるには、情景をどこまでリアルに作り込むことが出来るか?それにかかってくると思います」とコメント。続けて、「好きなことをするのは人間苦にはならないので続けることが出来ます。とにかく楽しんで続けること。これが技の習熟に繋がると思います」と笑顔で語ってくれた。



■キットの配置を考えていると“アイデアの連鎖反応”が起きて楽しい(EXAM)



 土の匂いや肌触りを感じられそうなザクのジオラマを制作するEXAM氏。好きな作品を聞くと、『機動戦士ガンダム 第08MS小隊』と納得の回答。その理由として「陸上を走り回る泥臭い戦いや、主人公がニュータイプではなく凡人なところが好きです」と力説した。



 EXAM氏にジオラマ制作におけるポイントを聞くと「配置検討」だと教えてくれた。



「私は最初に箱やボトルといった代替品で配置を検討し、建物などの構造物を制作してある程度形になったらもう一度配置を検討します。この『作っては配置検討』のくだりを何度も繰り返すのですが、その度に今まで頭の中になかった色や構造物のアイデアが湧いてきます。それのプロトタイプを作って配置するとさらに新しい案が浮かぶ…という連鎖反応がとても楽しいです」



 また、そうしたキットの配置検討と同様に重要なのが、MSのキットを引き立てる情景描写にあるのだとEXAM氏は説明する。「対象のモビルスーツが一番かっこよくなる情景を目指しています。例えば、ザクならば一騎当千のような活躍よりも偵察や補給のような裏方の働きの方が似合います。一方、ダブルオーガンダムのような主人公機なら戦っている情景の方がハマるでしょう。このように、それぞれのモビルスーツに合った情景を表現したい」



 そんな風に“情景描写”へのこだわりを語る氏にとって、ぜひ作ってみたいジオラマの風景があるのだそう。



 「アメリカの都市・シカゴには『L』と呼ばれる高架鉄道がビルの隙間を縫うようにして張り巡らされています。これを舞台にしたジオラマを作ってみたいですね。ビルを作るのは手間がかかるのでそこがネックですが…(苦笑)」、そんなEXAM氏の次回作に期待したい。



(C)創通・サンライズ
カテゴリ