“陶芸王子”山田裕貴に黄色い声が続出 映画『嘘八百』場面カット解禁

“陶芸王子”山田裕貴に黄色い声が続出 映画『嘘八百』場面カット解禁

 俳優の中井貴一と佐々木蔵之介がW主演する映画『嘘八百 京町ロワイヤル』(公開中)から、山田裕貴が演じる“陶芸王子”牧野慶太の場面写真が解禁になった。



【別カット】劇中に登場する”陶芸王子”の写真集ポスター



 18年に公開された前作では、茶の湯の聖地・大阪堺市を舞台に、大物狙いで空振りばかりの目利き古物商・小池則夫(中井)と、腕は立つのに落ちぶれ、くすぶっていた陶芸家・野田佐輔(佐々木)が協力して、“幻の利休の茶器”で一攫千金を狙った。シリーズ第2弾となる今作では、それぞれの人生を送っていた2人が京都で再会を果たし、着物美人の志野(広末涼子)と出会う。利休の茶の湯を継承し“天下一”と称された古田織部の幻の茶器を巡って再び大物を狙うが、有名古美術店や大御所鑑定家、陶芸王子、テレビ番組をも巻き込む大騒動になっていく。



 山田演じる牧野はお茶の間で人気の若手陶芸家。野田を陶芸家として尊敬しつつも、加藤雅也が演じる有名古美術店「嵐山堂」の主人の陰謀に巻き込まれてしまう新キャラクター。そして、牧野が懸命に陶芸に取り組む姿や、劇中での写真集『君、僕。そして陶芸』の表紙など、ファンにとってはたまらない場面カットが公開された。



 また、本作を鑑賞した人からは「陶芸王子が忘れられない」「陶芸王子の良さ、言い出したらきりがない!」など、黄色い声が続出している。
カテゴリ