円満な関係をキープ!デートで取り入れたいちょっとした変化

円満な関係をキープ!デートで取り入れたいちょっとした変化

デートもパターン化してしまうと、楽しさ、新鮮さがなくなります。


刺激よりも安定感重視!というのなら、パターン化したデートは心地良いのかもしれません。


しかし、安定感重視だとしてもたまにはいつもと違うことをしないと、二人の関係はアップデートされず、マンネリに突入するでしょう。


それでは、さすがに相手に対して、魅力を感じにくくなってしまいますよね?


そこで今回は、デートで取り入れたい、ちょっとした変化についてご紹介します。



休日にブランチをしに行く


もし普段「彼とランチやディナーしかしない。朝ごはんを一緒に食べるとしても、お泊まりをした翌朝くらい」というのなら……。


たまには朝11時頃に待ち合わせをして、気になるお店や雑誌等で人気のお店に行って、のんびり朝ごはんを食べるのも新鮮でいいですよ。


筆者も過去に、イタリア人とデートしている時期があって、よくブランチに誘われていたのですが、「こういう朝もありだなー」と習慣がなかったので、新鮮でした。


二人とも行ったことのないところへ行ってみる


デートはいつも、午後から買い物や映画を観て、その後に食事をして帰る(or泊まる)ことが多いというのなら……。


普段行かないエリアやデートスポットに行ったり、体験できる遊びをしたりするのもいいでしょう。


いつも横浜ばかりでデートをしているなら、たまには都内でデートをしてみるのもアリです。


また映画や買い物、てっぱんのデートスポットが多いというのなら、ちょっと風変わりな、例えば陶芸やアクセサリー作り、バンジージャンプやサップ体験に行ってみるといいですよ。


初めての体験を一緒にするのって、いつものデートとは違うから、普段よりワクワクするし、いい思い出にもなるし、マンネリ防止になるでしょう。


ちょっと贅沢なデート


ちょっと贅沢なデート


半年や年に一回くらいは、ちょっと贅沢なデートをするのもいいもの。


例えば、クリスマスはお互いオシャレをして、高級レストランに行くのもいいし、海外旅行に行くでもいいですよね。


普段しないようなオシャレをして、レストランなどに行くだけでも、お互い再度「異性」として認識したり、惚れ直したり、交際当初のようなロマンチックなムードが戻ってきたり……。


「贅沢はもったない」と思う人もいるかもしれません。


確かに、ただ散財するのはもったいないです。


でも、二人の思い出を作る、ちょっとリッチな気分になる、気分を切り替えるために、ちょっと贅沢するのはむしろ良い関係を保ってくれるので必須だと思いますよ。


変化を起こし変化を楽しむ!


円満な関係をキープしたいのなら、いつも同じデートにならないようにしたいもの……。


マンネリや倦怠期は敵。


ちょっとした変化は大事だし、その変化を受け入れて楽しむ余裕がないと、関係もあっという間に朽ちてしまいますよ。


(美佳/ライター)


(愛カツ編集部)



カテゴリ