海老蔵、團十郎としての初演目は『勧進帳』『助六由縁江戸桜』 思い入れ強く「市川家として外せない」

海老蔵、團十郎としての初演目は『勧進帳』『助六由縁江戸桜』 思い入れ強く「市川家として外せない」

 5月に十三代目市川團十郎白猿を襲名する歌舞伎俳優の市川海老蔵(42)が7日、5月~7月にかけて東京・歌舞伎座で行われる襲名披露興行の発表会に出席。襲名後初となる5月大歌舞伎では、歌舞伎十八番の『勧進帳』と『助六由縁江戸桜』が上演される。海老蔵の長男・勸玄くん(6)は八代目市川新之助を襲名し、6月大歌舞伎の『外郎売』で初舞台に臨む。



【写真】市川海老蔵に笑顔で話しかける姿がキュートな堀越勸玄くん



 『勧進帳』と『助六由縁江戸桜』は、七代目市川團十郎が市川宗家のお家芸として選定した18番の演目『歌舞伎十八番』。特に『勧進帳』は屈指の人気演目となっている。これらの演目となった理由について、海老蔵は「これをやりたいというのはなかったが、市川家ということで勧進帳、助六は外せない」と並々ならぬ思いを語った。



 また、團十郎白猿を襲名することには「(5月)3日から名前が変わるだけで私自身は変わらない。徐々に準備をして、『勧進帳』『助六』への自分が向き合う姿勢が少しずつ変わってきている。いきなり変わったとはならないと思うが、その努力はしている。『勧進帳』は難しい言葉が多く、現代の人に伝わるかは難しいが、命がけで向き合う男という姿と團十郎を襲名する私の姿が重なればいいかなと思います」と見どころを語った。



 会見に同席した勸玄くんは「市川新之助を襲名します。よろしくお願いします。外郎売と山姥の怪童丸を務めとさせていただきます」とりりしく話した。



 5月大歌舞伎は3日~27日(15日は休演)で『勧進帳』『助六由縁江戸桜』、6月大歌舞伎は1日~25日(12日は休演)で『暫』『外郎売』『勧進帳』、7月大歌舞伎は1日~20日で『押戻し』『男伊達花廓』『山姥』『景清』『助六由縁江戸桜』が上演される。



 江戸時代から続く市川團十郎の名跡は、歴代がその名を受け継ぎ、常に江戸歌舞伎の中心として歌舞伎の歴史を築いてきた。第十二代市川團十郎は海老蔵の父だったが13年に肺炎のため、死去。五輪も開催され、世界から日本、そして東京が注目される2020年に團十郎の名跡が7年ぶりに復活する。白猿は五代目團十郎が「祖父や父にはおよばない」と用いた俳名。



 勸玄くんは海老蔵と小林麻央さんの長男。15年11月に2歳8ヶ月で歌舞伎座『吉例顔見世大歌舞伎』で初お目見えを飾った。昨年1月には新橋演舞場で行われている『初春歌舞伎公演』で長女の麗禾ちゃん(8)と海老蔵を含め親子3人で共演をしている。
カテゴリ