綾瀬はるかがタイムスリップ? 肩パッド入りの衣装で「90年代キャリアウーマン」に

綾瀬はるかがタイムスリップ? 肩パッド入りの衣装で「90年代キャリアウーマン」に

 女優の綾瀬はるかが、『セイコー ルキア』の新CMに出演。1995年のオフィスを再現した舞台で、腕時計開発のチームリーダーを熱演した。



【写真】綾瀬はるかがタイムスリップ? 肩パッド入りの衣装で「90年代キャリアウーマン」に



 綾瀬が演じるセイコーの社員は、男女雇用機会均等法第一期生という設定。「まだ世の中にない、女性のための腕時計」開発のチームリーダーを担当する。綾瀬は強い意志で、同僚や後輩たちを引っ張る。



 本CMのみどころは、綾瀬の議論のシーン。開発の過程で、上司に対し「それじゃ何も変わらないじゃないですか!」と感情をあらわにする演技に注目だ。



 今回のCMで綾瀬は、大ぶりのアクセサリーやスカーフ、肩パッド入りのジャケットといった、当時の流行を再現したコスチューム姿を披露。1995年頃の大きなパソコンやフロッピーディスク、ワープロ、アンテナ付きの携帯電話などが再現されたオフィスに溶け込んだ。CMでは凛々しい姿を見せる綾瀬だが、カメラの回っていない時間は、ニコニコと談笑。小道具のファッション誌のページをめくりながら「え?これ加工してあるんですか!?うまく出来てますねぇ」と目を丸くしたり、明るい立ち居振る舞いを見せた。



 綾瀬が出演するWEB動画『あなたの好きを、もっと。1995 to 2020』篇(120秒)は公式サイトにて公開中。3月1日からは新TV-CMが放映される。

カテゴリ