斎藤工×菜々緒×福田雄一監督、映画『ヲタ恋』撮影秘話をぶっちゃける(1)

斎藤工×菜々緒×福田雄一監督、映画『ヲタ恋』撮影秘話をぶっちゃける(1)

■福田監督が猛反省「素人にヲタクカルチャーは難しい」



 イラスト投稿サイト「pixiv」で2014年から連載されたWEB漫画に端を発し、「このマンガがすごい!2016」オンナ編で第1位獲得、18年4月~6月にはアニメ化された、『ヲタクに恋は難しい』(原作:ふじた)。〈隠れ腐女子×ゲームヲタク〉という不器用な男女の、微笑ましいピュアラブストーリーを「勇者ヨシヒコ」シリーズ、「銀魂』シリーズ、そして『今日から俺は!!』などのヒットメーカー・福田雄一監督がメガホンをとり、主演に高畑充希(桃瀬成海 役)・山崎賢人(二藤宏嵩 役)を迎えて実写映画化。7日より全国公開中だ。



【動画】高畑充希&山﨑賢人がバラード熱唱



 ORICON NEWSでは作品の魅力に迫るべく、脚本も手掛けた福田監督と、成海&宏嵩の会社の先輩で、ある界隈で有名なコスプレイヤー・小柳花子役の菜々緒、同じく会社の先輩で、顔が激コワだが意外と面倒見がよく、花子の彼氏でもある樺倉太郎役の斎藤工の3人にインタビューを実施した。



――脚本も福田監督が手がけられていますが、難しいことはありましたか?



【福田監督】僕は正直、ヲタクカルチャーに疎かったから今回は大変でした。助監督にガチのヲタクがいたので、彼に「あり」「なし」の判断をしてもらったり、成海のヲタ友・未来(みく)役で出てくれた若月佑美にも聞いたり、原作のふじた先生にもご協力いただいて、皆で力を合わせて書き上げました。アニメイトにも通って、BL本を買って、相当勉強しました。



――ヲタク用語が連発されて、何を言っているのかわからないシーンも一部ありましたが、ヲタクじゃない人が観ても楽しめました。



【福田監督】ヲタク用語が飛び交う場面で、会話を文字に起こして、ニコ生風にテロップをかぶせたんだけど、あれはいいアイデアだったと思っています。ヲタクじゃない人は文字になったところで意味はわからないかもしれないけど、雰囲気は伝わると思う。今回、一番難しかったのは、ヲタクな人にも、ヲタクじゃない人にも観てもらえる映画にするにはどうしたらいいか、ということ。あまりにもヲタクに寄り過ぎちゃうと、客層が狭まってしまうし、でも絶対的にヲタクの人たちや原作ファンに支持される映画じゃないとダメだし。何より、僕ら素人が勝手に想像したヲタク文化をやってしまってはダメ。その匙加減を探り探り作っていったんですけど、正直言って恐いですよ。すでに菜々緒さんが演じる花子のコスプレでツメが甘いと怒られてますから。

【菜々緒】最初、「菜々緒がコスプレをやる」って、すごく湧いてくださったんですよね。でも、そのビジュアルが解禁されたときに、ありがたいお言葉でもあったんですけど、「菜々緒という素材を使いながら、なんであの程度のコスプレになったんだ」って、レイヤー界は激おこでした。ガチのレイヤーさんのクオリティーって本当にすごいんですよ。私たちも頑張ったんですけど、至らず申し訳なかったなと思っています。

【福田監督】僕も反省しました。



■菜々緒に難しいものはない!? 「仕事ですから、何でもやります」



――菜々緒さんは、連続ドラマ初出演で初主演を務めた『主に泣いてます』(フジテレビ)で、いろんなコスプレしてましたよね。



【福田監督】そうだ! やってたね。

【菜々緒】仕事ですから、何でもやります。

【斎藤】変な格好をしている時にメイク室でお会いしたことありましたよね。

【菜々緒】ありました! 律儀にメイク室までごあいさつに来てくださったんですけど、その時、私、ひょっとこのメイクをしてて。何もきょう来なくても…と思いましたけどね。恥ずかしかったです。

【斎藤】いや、格好良かったですよ。その時からマジでこの人はすごい女優になる、と思いました。



――斎藤さんはヲタクカルチャーに詳しかったのですか?



【斎藤】全然詳しくなかったです。ただ、ヲタク用語も耳馴染みゼロではなかったから。この作品を通して、こういう意味だったんだ…と、いろいろ学ぶことができました。

【菜々緒】最近、「眼福」とか、「尊い」とか。一般にも浸透してきてますよね。

【福田監督】「ドチャシコ」って知ってた?

【斎藤】全然知らなかったです。

【菜々緒】私が学生だった頃に「ぐうかわ」とか「ワクテカ」といったワードを使っていた人がいたので、知ってるものもありました。

【斎藤】方言もそうだけど、隠語じゃないですか。自分たちだけでわかればいい。そのための言葉だから、そもそも大衆的にならなくてもいい気がしますけどね。

【福田監督】ヲタク用語は深いですよ。



――原作にはないミュージカル要素が本作の見どころでもあると思いますが。



【福田監督】どうしてミュージカルシーンを入れたんですか?ってよく取材で聞かれるんだけど、観客を飽きさせないため、というのが一番かな。アニソンというくらいだから、アニメと歌って相性がいいですよね。それと同じくらいヲタク文化と歌には親和性がある気がして。



――それで、楽曲は巨匠・鷺巣詩郎さんにミュージカル楽曲の作曲・編曲を依頼したんですね。鷺巣さんは1980年代初頭のアイドル歌謡曲時代から近年の「新世紀エヴァンゲリオン」シリーズや『シン・ゴジラ』に至るまで、数々の傑作楽曲を手掛けています。



【福田監督】思い切ってオファーしてよかったです。感情表現として登場人物の心境や感情を歌で表現してもらいたくてミュージカル要素を入れたんですが、正直、役者さんたちはどう思っていたのかな?

【菜々緒】どうって、台本にあったから…(笑)

【福田監督】気持ちよかった?

【菜々緒】すごく楽しかったです。私はミュージカルが初めてでしたし。ムロツヨシさんとのデュエット曲では、ムロさんが面白くしてくれるだろうから、私は気が楽でした。

【福田監督】菜々緒さんとムロさんのデュエット曲「花子のオハコはからみ酒」と「飲んでくれた」だけ僕の作詩なんです。

【菜々緒】そうだったんですか? もう一つの…

【福田監督】オペラ座の怪人ね。

【菜々緒】あ、言っちゃった。オペラ座の怪人風のというか、丸パクリというか(笑)。あれは大変でした。セットが迷路みたいになっていて、裏で全力ダッシュしていたんですよ。若干、息切れしていた。

【斎藤】大変そうだったけど、面白いシーンになっている。

【福田監督】全部、一連で撮っています。カメラを止めずにやりました。

【菜々緒】カメラマンさんも走ってましたよね。



■斎藤工にダンスは難しい「トラウマが重なった感じです」



――斎藤さんはタップダンスからの『ラ・ラ・ランド』



【福田監督】チラシに「恋愛不適合な愛すべきヲタクたちの悲哀と歓喜の協奏曲」って書いてあって、「協奏曲」に思いっきり「ララランド」ってルビが入っていた。あれ、入れないでほしかったな(笑)。

【菜々緒】ビジュアルがすでに、ですよ。『ラ・ラ・ランド』を知っている人は100%わかりますよ。

【福田監督】そうですね。充希ちゃんと工くんのデュエット曲「ダンスは魔法」は、完全に『ラ・ラ・ランド』のロサンゼルスの丘の上のシーンをパクリたかった。

【斎藤】ですよね。

【福田監督】そのために、タップは必要で。

【斎藤】タップは撮影の直前に急に増えたんですよ。タップだけは付け焼き刃ではどうにもならないとわかった上で、後乗せしてきた。

【福田監督】後乗せしました。あのシーンをパクるためにはやっぱりタップを入れなきゃいけないと思って。

【斎藤】僕は昔、“テニミュ”をやっていたんですが、「あまりにも踊れない」って、有名だったんです。周りのみんなも「こいつに踊りは無理だ」っていう認識だったと思う。

【菜々緒】ミュージカル「テニスの王子様」ですか?

【斎藤】初代ですから。16年くらい前。当時、「テニミュ」の総合演出をされていた上島雪夫さんが、今回の映画の振り付けも担当されていて。トラウマが重なった感じです。

【菜々緒】素敵でしたよ。太郎を応援したくなりました。

【斎藤】高畑さんと踊れたのは貴重な経験でした。とてもかわいらしかったです。

【福田監督】そう! 今回、全編を通して高畑充希がかわいいんですよ。

【菜々緒】宏嵩も超イケメンですよね。あんな彼氏ほしいです。

【福田監督】そうなの? その意見、新鮮なんだけど。

【菜々緒】ミュージカルパートも見どころだと思いますが、私は成海と宏嵩の恋愛パートにmmqq(萌え萌えキュンキュン)でした。

【福田監督】えーっ、ボーッとしているじゃん。

【菜々緒】ちゃんと働いているし、仕事もできるし、家にいる時は好きなだけゲームしててください、ずっとボーッとしててくださいって感じ。しかも、成海に歩み寄ろうとしてくれて、空回りしている不器用なところがたまらないです。

【福田監督】そんなに!?

【斎藤】きっと山崎賢人くんが演じたから、その域に達したんだと思う。天然石みたいな彼の魅力がベースにあって、福田監督の演出によってさらに開花したんじゃないかな。

【福田監督】そんなに大仰なこと!? いやでも山崎賢人は宏嵩役にぴったりでした。彼は計算して何かするタイプではなく、すべてがナチュラルなんですよね。それで、菜々緒さんをキュンキュンさせるなんて、山崎賢人恐るべしですね。

カテゴリ