Creepy Nuts、ラジオイベント初開催 Zeebraがサプライズ登場「一生手がかかる後輩です」

Creepy Nuts、ラジオイベント初開催 Zeebraがサプライズ登場「一生手がかかる後輩です」

 MCバトル日本一のR-指定と世界No.1DJのDJ松永によるヒップホップ・ユニットのCreepy Nutsが9日、東京・中野サンプラザで、ニッポン放送『Creepy Nuts のオールナイトニッポン0(ZERO)』(毎週火曜 深3:00)のライブイベント『THE LIVE 2020~改編突破 行くぜHIP HOPPER』を開催。初のイベントに2100人のリスナー、ライブビューイングが行われている全国各地の映画館には1万人を超えるリスナーが集まった。



【写真】集まったリスナーたちと笑顔で撮影



 午後5時の開演時刻ピッタリに会場の照明が落ち、過去の放送で「イベントでは『 キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン』を流す」と宣言していた通り、オープニング映像として同曲が流れると、会場からは大きな笑いが。タイトルコールの後、大きな拍手に迎えられながらステージ上にCreepy Nutsが登場した。



 オープニング曲について一通りイジった後、ステージセットに対しても「焼肉屋みたい」「ダサい」などと文句をつける2人。オープニングからいつもの放送と変わらぬ、勢いのあるトークでリスナーを魅了。ひとしきり会場を盛り上げた後は番組 コーナーの HIPHOP ニュースへと移った。



 「ビリー・アイリッシュが最近のラッパーは嘘つきだ」と発言したことに、松永がR指定に「実際リアルじゃないの?」と問うと「ホンマに悪いことばっかやってるやつは音楽せえへんやん」とコメント。なぜか、R指定が客席とライブビューイングで見ているリスナーに対して「最後まで嘘つかずに真実の言葉のみでやり遂げます」と宣言することとなった。



 続けて番組ジングルがかかった後に、会場のモニターにVTRが放映。番組内でもたびたび話題が上がる森マネージャーが、番組ではおなじみの無名ラッパーのリル・コーリーに出演依頼の電話をかけるも、留守電のままで一向につながらず。再びステージ上に2人が登場し、番組のレギュラーコーナーであるラジオHIPHOPがスタートした。



 リスナーから事前 に募集していたHIPHOPに関する質問に2人が答えるというもので、コーナーの途中で、松永指導のもとR指定がD Jに挑戦する一幕も。会場の照明が落ち、再びモニターに映像が映し出さると、先ほどの続きのVTRが流れ、ついにリル・コーリーと電話がつながり、イベント出演の交渉をするも「ノーギャラでは出ない」と返答され、電話が終了するとともにVTRも終了した。



 続けて「THE地獄」がスタート。以前の放送でリスナーから募集したもので、会場に集まったリスナーの中からR指定チーム、DJ松永チームのメンバーを募集し、フリースタイルバトルを繰り広げてもらうといった内容だ。どちらもバトル経験がないながら、会場を煽るなど大いに盛り上げた。

 

 勝敗をつけようとするも意見がわかれ、客席からは「延長!」との声が。しかし「延長するのは面倒くさい」という理由で結果はドローとなったが、松永が「2人の戦いを見ていたら俺も戦いたくなってきたな」と発言し、イベントグッズであるR指定のメモカードを使ってのカードスタイルMCバトルが行われた。



 さらに、レギュラーコーナーの大江戸シーランが始まり、ステージにはスタンドマイクが登場。エド・シーランの代表曲「Shape of you」の冒頭に流れる「ポンポンポン」の部分の歌詞をリスナーから募集し、松永が音楽に乗せて読み上げるというコーナーで、スタンドマイクに向かってカッコつけながらハガキを読み上げる松永に、会場は笑いの渦に包まれた。



 次はR指定がラップを解説する、日本語ラップ紹介のコーナーがスタート。イベントのタイトルにも使われているZeebraの「MR.DYNAMITE」を解説しつつ、2人がいつもの調子でZeebraをイジっていると、シークレットゲストとしてZeebra本人が登場。まさかの本人登場に、リスナーも総立ちで大盛り上がりの中「MR.DYNAMITE」を熱唱した。



 歌い終わって3人でのトークの後、会場の興奮も冷めやらぬ間にCreepy Nutsのライブがスタート。「手練手管」「助演男優賞」「紙様」「合法的トビ方ノススメ」「阿婆擦れ」の5曲を続けて披露すると「ホールもいいね」と満足げな様子を見せた後、『オードリーのオールナイトニッポン10周年全国ツアー』のために書き下ろした「よふかしのうた」を歌唱した。



 ラストは再度、Zeebraを呼び込み、2 組でZeebraの楽曲「Street Dreams」を熱唱。「こんなにやさしいレジェンドはいないです」「ありがとうございます」と感謝の気持ちを述べる2人に対し、Zeebraは「一生手がかかる後輩です。声かけていただければまた来ます」と即答 。帰り際には番組で2人がイジり倒したZeebraの迷?パンチラインである「テキーラの瓶みたいな感じで超ビンビン」を放ち、リスナーから大きな歓声が上がった。



 最後はリスナーと記念撮影し「これで改編突破できるかな?」と不安な様子を見せながらも「引き続き頑張ります!」と宣言 。大きな 歓声と拍手に包まれながらイベントは終了した。
カテゴリ