佐藤江梨子、“月9”で謎多き未亡人役に挑戦「色気、だだもれで演じきりたい」

佐藤江梨子、“月9”で謎多き未亡人役に挑戦「色気、だだもれで演じきりたい」

 女優の佐藤江梨子が、17日放送のフジテレビ系月9ドラマ『絶対零度~未然犯罪潜入捜査~』第7話にゲスト出演することがわかった。あらゆるビッグデータから予測された犯罪を未然に阻止する「未然犯罪捜査班」(通称・ミハン)の活躍を描く同ドラマ。佐藤は“ミハンシステム”に危険人物として検知される、大手フィットネスクラブ社長の仁科紗耶香(にしな・さやか)を演じる。夫を強盗殺人で亡くしながらも、自身も危険人物として浮上する謎多き女性を演じるにあたり「紗耶香は色気のある女性として台本に描かれていたので、“色気、だだもれ”で演じきりたいと思います(笑)」と意気込みを語っている。



【写真】佐藤江梨子、沢村一樹&森永悠希との共演シーン



 第7話でミハンシステムに危険人物として検知された紗耶香は、5年前に起きた強盗殺人事件の被害者。この事件で、夫の仁科輝幸(青戸昭憲)を殺害され、紗耶香自身も刃物で刺され瀕死(ひんし)の重傷を負った。この事件は今も未解決で、事件後、紗耶香は亡き輝幸の遺志を継いで社長に。社長として会社の業績を伸ばし、経営者として才能をする紗耶香が、危険な毒物を入手していることがわかる。井沢範人(沢村一樹)らミハンチームは、紗耶香が経営するフィットネスクラブに潜入し、捜査を開始する。



 はじめに捜査線上に浮かび上がったのは、紗耶香の会社が持つウインタースポーツの実業団でコーチをしている辰巳勇吾(阿部亮平)。紗耶香が毒物を使用して辰巳を殺害すれば、病死として処理されてしまう。時間との戦いを強いられる中、井沢らは、辰巳が「金を払わなければ、全てを失うことになる」と紗耶香を恐喝している現場に遭遇。しかし、辰巳の調査を進めると、彼は男気のあるまっすぐな人間で、金にも困っていないことが分かる。辰巳が紗耶香を恐喝する理由は何なのか?



 そんななか、新たに真鍋哲郎(宮川一朗太)が、紗耶香に接触。真鍋は科学捜査研究所の主任研究員で、どんな手間も惜しまず被害者のために真実を追究する、山内徹(横山裕)も一目置く人物。これまで、数々の難事件を解決に導き、輝幸と紗耶香が襲われた5年前の事件も担当していた。そんな真鍋が、なぜ紗耶香に接触を図ったのか…。さらに、輝幸が紗耶香と知り合う前に、結婚を約束していた婚約者を突然亡くしていたという新事実も判明する。



 『絶対零度』シリーズを以前から視聴者として楽しんでいたという佐藤は「犯罪を未然に防ぐということもあって、刑事ドラマというより探偵ドラマのような印象があります。変な例えかもしれませんが『名探偵コナン』のようだなと(笑)。普通の刑事ドラマとは少し違って、事件を解決していくというよりは、皆さん事前に考えながら動いていくので、より役者さんのお芝居が試されるように思います」と印象を語る。



 悪女か悲劇の未亡人か。ミステリアスなキャラクターを「もしかしたら、周りの空気を一変させてしまう女性なのかもしれません。子供と接していると、その素直さから周囲を凍りつかせてしまう瞬間をよく見ます。空気を壊せるのは子供の特権と思っていたので、自分がそんな役を演じられるのはうれしいです(笑)」と楽しみなら演じている。
カテゴリ