『天気の子』醍醐虎汰朗『恋つづ』第5話ゲスト出演「とても新鮮でした」

『天気の子』醍醐虎汰朗『恋つづ』第5話ゲスト出演「とても新鮮でした」

 昨年アニメ映画『天気の子』で主人公の声を担当し話題を呼んだ俳優の醍醐虎汰朗が、11日放送のTBS系連続ドラマ『恋はつづくよどこまでも』(毎週火曜 後10:00)第5話に出演することがわかった。醍醐が演じるのは、不整脈治療のため入院してくる循環器内科の主任看護師・根岸茉莉子(平岩紙)の息子・真司。醍醐は今回が同局連ドラに初出演となる。



【全体ショット】ナース姿の上白石萌音、白衣姿の佐藤健らが参加



 同ドラマは、小学館『プチコミック』で掲載されていた円城寺マキによる原作漫画をもとに主人公・佐倉七瀬(上白石萌音)とある日、偶然起きた出来事で七瀬の運命の男性となるドS医師・天堂浬(佐藤健)が繰り広げるラブストーリー。現在、公式インスタグラムのフォロワー数は29万人を突破しドSながらも、ふとした時に優し気な眼差しを見せる天堂先生人気が過熱している。

 

 真司は看護師として働く茉莉子を支え、弟たちの面倒も見るしっかり者。エレクトロニック・スポーツ(eスポーツ)でプロを目指しているが、競技中に体の不調を感じ、検査してみたところ不整脈が見つかり…というキャラクター。



 醍醐は今回の出演に際して「僕も『恋つづ』を毎週キュンキュンしながら観ていました(笑)。今回ゲスト出演でお話をいただきとてもうれしく思っています。ドラマのゲスト出演も医療系の作品も初めての経験です。現場では専門用語や医療器具がたくさん扱われていて、普段聞き慣れない言葉や、見慣れない物にふれることができて勉強になりましたし、とても新鮮でした」と初々しいコメント。



 また、主演の上白石については「『天気の子』で共演した際に始めてお会いしましたが、初対面の時から優しく接してくれます。現場の雰囲気もそういう穏やかな座長のお人柄が出ているのか明るく感じました」と印象を明かし、「佐藤健さん演じる魔王は皆さんご存知の通り、ものすんごくカッコよくて、そんな魔王に診察と手術をしてもらえて幸せでした(笑)。ほかのキャストの方々もあたたかく迎え入れてくださり、クランクアップがすごく寂しかったです…」と名残惜しそうに語っている。
カテゴリ