重たくない!男がチョコをもらって「嬉しいシチュエーション」

重たくない!男がチョコをもらって「嬉しいシチュエーション」

間もなくやってくるバレンタインデー。


気になる人にチョコを渡したいけれど、あまり重く捉えて欲しくない……と思っている方も多いはず。


では、男性がチョコをもらっても重たく感じない、“嬉しいシチュエーション”とは?



事前にひと声かけてから


「何年か前のバレンタインデーで、仕事が終わって会社から出たら職場の後輩の女の子がサッと前に現れ、チョコレートを渡してきたんです。


嬉しくなくはないけど……突然すぎたし、待たせてしまった申し訳なさのほうが大きくて。ひと声かけてくれたらよかったんですが……」(28歳/飲食)


待ち伏せは、するほうはドキドキでしょう。いつ来るか、今か今かと待ち構え、実際に現れたときは嬉しいですよね。


ただ、される側は迷惑とまではいかなくても「待たせてしまい申し訳ない」と思うようです。


彼との関係性にもよりますが、待ち伏せは自己満足になりがち。


逆にきちんと事前に声かけをすることで「相手の気持ちや都合を考えて行動できる子なんだな」と、好印象を与えることができます。


片思いの彼にチョコを渡すときは、事前にひと声かけてからの方が良さそうですね。


会ってすぐに気軽な感じで


「去年のバレンタインは、ちょうど友だち何人かと飲む約束をしている日でした。待ち合わせの店に行くと、すでに女の子がひとり。その子から、“はい”とチョコを渡されて。自然な感じで、普通に嬉しかったですね」(26歳/内装)


やっぱり、自然な流れで渡すのが一番。


みんなが来てからとか、わざわざタイミングを待つ必要はないのかも。


会ってすぐ、相手も構えていないようなときにサラリと渡すくらいが良さそうですね。


荷物のなかに忍ばせて


荷物のなかに忍ばせて


「同僚の女子社員から、化粧品のサンプルが入った紙袋を受け取ったんです。よくあることなので、特に中身は確認しませんでした。


そしたらあとでLINEが来て『チョコ入れといたから』と。見たら、バレンタインのチョコがひとつ入ってて。ちょっとキュンとしましたね」(30歳/化粧品)


荷物のなかに紛れて入っているなんて、思いがけずプレゼントをもらったかのような“サプライズ感”がありますよね。


会社やバイト先などで業務的なやり取りのなかに、こんな贈り物があったら、どこかホッとするし嬉しくなります。


“さり気なく、思いがけないサプライズ”が、喜ばれるポイントそうですね。


翌日「昨日渡せなかったから」と


「去年のバレンタインは、仕事でバタバタしてたんですよね。なので、会社を行ったり来たりして、バレンタインを意識する間もなくて。


そしたら翌日、ひとりの女子社員が『昨日渡せなかったから』とチョコを手渡ししてくれたんです。やけに嬉しかったおぼえがあります」(29歳/不動産)


どうしても今日渡さなきゃ……となると、相手に気持ちが重く伝わってしまうこともあります。かと言って机にチョコがポツンと置いてあるのも味気ないもの。


忙しそうな様子を見て、わざわざ翌日に手渡してくれた気遣いが嬉しかったのでしょう。


そう考えると、あえて翌日に渡すのも、ひとつの方法かも。


おわりに


チョコを渡す相手が好きな人でも、そうでない人でも、プレゼントする相手にはやっぱり喜んでもらいたいですよね。


重たすぎず、軽すぎず……気になる人へのチョコの渡し方って悩むものですが、その気持がちゃんとあれば大丈夫。


相手の状況を考えながら、シチュエーションやタイミングを少し意識してみましょう。


きっと彼に喜んでもらえますよ。


(大木アンヌ/ライター)


(愛カツ編集部)



カテゴリ