サンリオ初ユニット『はぴだんぶい』のバッドばつ丸、土下座で直談判!? KALMAから楽曲提供決定

サンリオ初ユニット『はぴだんぶい』のバッドばつ丸、土下座で直談判!? KALMAから楽曲提供決定

 サンリオの新キャラクターユニット『はぴだんぶい』が、ビクターエンタテインメントの3ピースロックバンド・KALMAからデビュー曲の楽曲提供を受けることが決定した。



【写真】土下座で直談判するバッドばつ丸



 『はぴだんぶい』は、1980~90年代に活躍したサンリオの男のコキャラクター「ポチャッコ」、「タキシードサム」、「けろけろけろっぴ」、「バッドばつ丸」、「ハンギョドン」、「あひるのペックル」からなるユニット。「ハッピーになりたい男子たち、V字回復をねらう」という意味が込められている。自分にスポットライトが当たらない時期も、自分らしさを大切にしてきたことで昨今、人気を取り戻してきた彼らだからこそ言える「大丈夫! 君は君のままで、 きっとうまくいく。」というメッセージを発信中。「みんなをちょっとハッピーに」する活動の第1弾は、バンド活動となった。



 デビュー曲の作成にあたって作詞作曲ができる人を探すため、メンバーを代表して「バッドばつ丸」がビクターエンタテインメントを突撃訪問。3月にメジャーデビューを控える期待の新人のKALMAに楽曲提供の約束を取り付ける模様がYouTubeで公開された。



 「作曲依頼」と書かれた書類を持ったバッドばつ丸は、KALMAのもとを訪れると土下座で「オレたちに曲を作ってくれ!」とお願いし、約束を取り付けることに成功。現在、『はぴだんぶい』のメンバーは自分が担当する楽器を猛練習中。完成する新曲は3月1日に東京・東急百貨店本店屋上で開催するデビュー記念ライブイベントにて、初披露する予定となっている。
カテゴリ