純烈、念願の『タイタンライブ』に感激「今年の年末も紅白に…」

純烈、念願の『タイタンライブ』に感激「今年の年末も紅白に…」

 歌謡コーラスグループ・純烈が14日、東京・銀座の時事通信ホールで行われたお笑いライブ『タイタンライブ』2月公演に出演。お笑い一色のライブに登場した4人だが、持ち前の歌唱力とサービス精神で会場をわかせた。



【写真】サービス精神旺盛…客席に降りてパフォーマンスをする純烈



 まずは「プロポーズ」を歌唱したが、歌唱後に観客から拍手が送られると酒井一圭は「よかった拍手してもらえて。デビューの頃を思い出しました」と安堵の表情。「ディナーショーでも、中盤でお客様のお席にお邪魔するのですが、きょうはもう中盤ということで、これからお邪魔します」と宣言すると、小田井涼平も「スポーツで言えば、ハーフタイムショーみたいなもんです」と笑わせた。



 昭和歌謡メドレーと客席に降りての握手に、会場からも自然と手拍子が。酒井が「客席降りていくところはないと思います(笑)。BOOMERの河田(キイチ)さんと仲が良くて、ぜひ出たいという話をしていたら(太田)光代社長からオファーいただいて、スケジュールが合って。出られることになりました。メンバー減ったり、いろんなことがあったんですけど、おかげさんで2年連続紅白歌合戦出させていただいて、今年の年末も紅白に出させていただくように…」とかみしめるように語っていた。



 エンディングのトークで、爆笑問題の2人から「すごかったね。客席に降りたのは初めて」とコメント。酒井は「爆笑さんの番組、たくさん出させていただいて、こういう機会ありがとうございました」と呼びかけていた。



 2月公演にはそのほか、日本エレキテル連合、松尾アトム前派出所、ウエストランド、脳みそ夫、まんじゅう大帝国、ダニエルズ、おぼん・こぼん、三四郎、つぶやきシロー、さすらいラビー、BOOMER&プリンプリンも出演した。
カテゴリ