Travis Japan、土屋太鳳ら東京2020大会の公式文化プログラムに出演決定

Travis Japan、土屋太鳳ら東京2020大会の公式文化プログラムに出演決定

 ジャニーズJr.の人気グループ・Travis Japan、女優の土屋太鳳が、4月18日に東京体育館で実施する東京2020 NIPPON フェスティバル主催プログラムKABUKI×OPERA『光の王』Presented by ENEOSの追加キャストに決定した。市川海老蔵が主演し、このほか歌舞伎俳優・市川右團次、中村児太郎も参加する。



【写真】土屋太鳳、市川右團次ら追加キャスト陣



 同フェスは、世界の注目が日本・東京に集まる2020年3月下旬から9月にかけて実施する、東京2020大会の公式文化プログラム。日本が誇る文化を国内外に強く発信するとともに、共生社会の実現を目指して多様な人々の参加や交流を生み出すことや、文化・芸術活動を通して、多くの人々が東京2020大会へ参加できる機会をつくり、大会に向けて期待感を高めることを目的としている。



 市川海老蔵がオペラ歌手のアンナ・ピロッツィ氏(ソプラノ歌手)、アーウィン・シュロット氏(バス・バリトン歌手)と共演する一回限りの舞台。『挑戦とはなんだ。』をキャッチコピーに歌舞伎とオペラの2つの異なる芸術の融合への挑戦に加え、通常、歌舞伎やオペラに出演されないような分野や世代の表現者の出演という挑戦に向けて、追加出演者が発表された。



 善と悪の対決、伝統的な歌舞伎の数々の名作をベースとしながら、東京2020 オリンピック・パラリンピックの公式イベントにふさわしい祝祭感ある物語を新たに創作。その新たな歌舞伎のストーリーの中に、日本人にとってもなじみ深いオペラ楽曲を随所に織り込んでいくことで、歌舞伎とオペラが一体となって盛り上げる演出を創り出す。また、歌舞伎俳優とオペラ俳優が物語上で調和していく姿も融合の一環として描き出してく。



 歌・ダンス・立ち回りといった圧巻のパフォーマンスと、東京フィルハーモニー交響楽団が奏でる荘厳なオーケストラもみどころに。文化の垣根を超える一夜限りのスペシャルエンターテインメントを送る。



 Travis Japanは2012年に結成されたジャニーズJr.内の7人組グループ。マイケルジャクソンの振付師トラヴィス・ペインに選抜され、シンクロダンスを武器とする。昨年はオースティン・マホーンのライブに出場し、海外アーティストの公演でジャニーズで初となる共演を果たした。またグループ初主演舞台『虎者-NINJAPAN-』を成功させ、今年の再演も決まっている。



チケットは現在抽選販売を実施中。3月7日より一般販売される。
カテゴリ