やっぱり王道が強い?男子が考える「モテ女子の条件」とは

やっぱり王道が強い?男子が考える「モテ女子の条件」とは

男性にモテたいけど、ちまたでよく言われるモテテクは、なんだか恥ずかしくて実行できない…という女性もいらっしゃいますよね。


王道モテテクを実行すると、「男性ウケをねらっているぶりっ子、と思われるのでは……」などと、あれこれ悩んでしまうことも。


今回はそんな女性に向けて、男性が考える“モテる女子の条件”をご紹介します。王道モテテクを実行すべきか否か、たしかめてみましょう!



(1)ポジティブ思考である


王道モテテクとしてよく言われることですが、ポジティブ思考は間違いなくモテのポイント!


やはり明るい女性のほうが、一緒にいて楽しいと感じるはず。


たとえば飲み会の席なら、同僚の悪口を言っている人よりも、同僚の長所を褒められる人のほうが、好印象ですよね。


ご飯を食べるにしても、「まずそう~」「食べたいものなーい」という女性よりも、「美味しそう!」「これ食べたいな~」とポジティブに考えられる女性のほうが、一緒にいて居心地がいいはず。


ネガティブにものを考えるのではなく、ポジティブシンキングを身につけましょう。


(2)リアクションが上手である


これも、王道モテテクのひとつですが、上手なリアクションをすることはやはりモテにつながります。


ノーリアクションな女性よりも、少なからずリアクションをしてくれる相手とのほうが、コミュニケーションが楽しいですよね。


心のなかで思っているだけではなく、少しでも喜怒哀楽を表に出すよう意識してみて。


たとえば、メニューに好きなケーキがあったら「あ、これいいな!」「私、〇〇好きだから、これ注文しよう~!」と、よろこびを声にしてみるとか。


寒さで手がかじかんでしまいそうなら、「寒すぎ!」「ちょっと、〇〇くんの手袋貸りようかな?」と、さりげなくコミュニケーションを図るのもいいですね。


いま自分が何を考えていることや感じていることを、きちんと表現することがポイントです。


楽しい、嬉しいといったポジティブな反応を言葉や態度に表すことで、男性はあなたと過ごす時間に、居心地の良さを感じてくれるはず。


(3)気遣い上手である


(3)気遣い上手である


これもよく言われるモテテクですが、やはり気遣いができる女性は魅力的です。


相手がなにか困っているようすなら、「どうしたの?」とさりげなく聞いてみましょう。


また、さらに気遣い上手として上級者を目指すなら、さらに察することができるといいかもしれません。


相手のそぶりだけで、「もしかして財布忘れた?」など、声をかけられると、男性は「気の利く女性だ……」と感じてグッとくるのです。


気遣い上手になるためのポイントとして、「相手の行動を一歩、二歩先読みする」ということが挙げられます。


相手がどんな性格かを把握したうえで、今なにを求めているのかを推測しましょう。


おわりに


あまり深く考えすぎずに、王道のモテテクを実践するのが、いちばん効果的なのかもしれません。


ひとつでも実行にうつせるだけで、あなたの印象はだいぶ変わってくるはず!勇気を持って実践してみてくださいね。


(柚木深つばさ/ライター)


(愛カツ編集部)



カテゴリ