齋藤飛鳥主演『映像研には手を出すな!』5・15公開 4月からドラマ版も放送決定

齋藤飛鳥主演『映像研には手を出すな!』5・15公開 4月からドラマ版も放送決定

 人気グループ・乃木坂46の齋藤飛鳥が主演で、山下美月、梅澤美波が共演する映画『映像研には手を出すな!』の公開日が5月15日に決定。また、映画公開前の4月からMBS/TBSドラマイズムにてドラマ放送されることも発表された。



【場面カット】原作を忠実に再現した衣装に身を包む齋藤飛鳥



 原作は、虚実入り乱れた個性的な世界観と“最強の世界”を夢見てアニメ制作に情熱を注ぐ女子高生たちの青春冒険譚で、『ブロスコミックアワード2017』大賞、『俺マン2017』第1位、『マンガ大賞2018』ノミネートなど数々のアワードを獲得。16年から『月刊!スピリッツ』(小学館)にて連載中で、NHK総合テレビで20年1月からテレビアニメも放送されている人気漫画。



 齋藤が演じる主人公・浅草みどりは「アニメは設定が命!」を信条に、ことあるごとに妄想で世界を染め上げる変わり者。山下は、俳優一家に生まれ、親に反対されつつもアニメーターを目指すカリスマ読者モデル・水崎ツバメ。梅澤は、2人の才能をまとめ、管理してお金もうけをしようとするプロデューサー気質の少女・金森さやかを演じる。



 また、ドラマ版のメインキャストも発表。部活動の予算管理する“大・生徒会”の会長・道頓堀透役に小西桜子、書記のさかき・ソワンデ役をグレイス・エマ、切り込み隊長・阿島九を福本莉子、映像研を見守る藤本先生を高嶋政宏が演じる。



 小西は「それぞれの対峙が本当に面白く、撮影中も笑いをこらえるのが大変でした」、グレイスも「撮影現場は私の不安も飛んでしまうぐらい楽しかったです」と撮影を笑顔で振り返る。福本は「私史上最高に、暴れに暴れた作品です」とアピールしている。



 さらに、映画&ドラマの放送に向けて第一弾ビジュアルが解禁。齋藤、山下、梅澤の3人が、乃木坂46の活動では見られないような表情とポージングをし、本編での大暴れも期待させるようなビジュアルに仕上がっている。



■放送情報(全6話)

MBS:4月5日スタート、毎週日曜 深0:50~

TBS:4月7日スタート、毎週火曜 深1:28~
カテゴリ