ぱったり連絡が途切れた…「もう脈なし?」気になる彼の本音3つ

ぱったり連絡が途切れた…「もう脈なし?」気になる彼の本音3つ

コンスタントに連絡を取り合っていた男性から、ぱったり連絡が途絶えてしまうと、不安になりますよね。


「もう私に興味ないんだ……」とあきらめてしまうのは、まだ早い!


男性が、ぱったり連絡をくれなくなるときの本音をチェックして、今後のアクションを検討してみましょう。



1、こちらの出方を見られている


「最初は積極的に自分から連絡するけど、彼女がこちらを向いてくれてるなって思ったら、わざと連絡しない期間をおきます。告白する前に、彼女が本当に自分を好きでいてくれてるのか、ちょっと確認って感じです」(25歳/システム開発)


恋愛は、一方通行では成り立ちません。


何もしなくても彼が連絡をくれる安心感に、いつまでも甘えていては、関係性は発展しないのです。


これまで懸命に関係を築き上げてくれた彼に応えるためにも、ここはぜひ、自分から勇気を出して連絡してみてください。


お付き合いまで、あと一歩のところまで来ていますよ。


2、単純に忙しかった


「まだ付き合ってない子だと、忙しいときは連絡するのを忘れるときもあります。疲れてるときに無理に連絡しても、テンション低いし、相手も楽しくないかなって。


自分のコンディションが整うまで、しばらく連絡しないこともありますね」(26歳/スポーツトレーナー)


連絡がないのは、彼に余裕がないのが原因かもしれません。


彼の仕事の繁忙期ではないか?出張などの予定があると言っていなかったか?など、思い当る節がないか、考えてみましょう。


忙しいときに連絡しないのは、元気のない自分を見せたくない、と彼なりの気遣いともいえます。


疲れた彼を優しくいたわるようなメッセージを送ってみて、そっと様子を見てみましょう。


3、彼の心が離れていっている


「しばらく連絡を続けてみて、やっぱ違うなって思ったらそっとフェードアウトしますね。そういうときって、相手も俺を『なんか違うな』って思っている場合が多い気がします」(26歳/保険営業)


どんなに魅力的な人でも、自分との相性の良し悪しを、冷静に考える必要があります。


彼の感じ方次第では、あなたに何の落ち度がなくても、関係が発展しないことだってあるでしょう。


これまでのやり取りを振り返り、このままでは引き下がれない!と思うなら、もうワンプッシュしてみるのもアリです。


やっぱり違うと思うなら、また新たな出会いを求めるのもアリでしょう。


何もせず、あきらめるのはもったいない!


彼が連絡をしてくれなくなっても、とりあえず自分から連絡してみてください。それから状況を判断してみても、遅くはないはず。


「連絡が来ない=すぐあきらめる」では、せっかくのチャンスを逃してしまいます。


ダメもとでもいいので、彼に連絡してみましょうね♡


(愛カツ編集部)



カテゴリ