高畑充希、山崎賢人の顔芸は「国境を越えます」

高畑充希、山崎賢人の顔芸は「国境を越えます」

 女優の高畑充希、俳優の山崎賢人が20日、都内で行われた映画『ヲタクに恋は難しい』大ヒット記念舞台あいさつに登壇。



【集合ショット】ユニークすぎる!外国人に囲まれる高畑充希と山崎賢人



 海外での反響を知らせるVTRが流れると、高畑が「海外で見ている方は言葉がわからないところもあると思うので、山崎くんの顔芸を見ていただきたい。国境を越えると思います」とアピール。山崎も「顔芸がグローバル化していけばいいかな(笑)。日本が誇る漫画文化、ミュージカルとラブストーリーも楽しんでもらいたいですね。この映画は僕のミュージカルデビュー作品で、プロの充希ちゃんと一緒にさせていただいてうれしい」と思いを伝えた。



 そこから行ってみたい国の話題になると、高畑が「海外旅行が好きで、先週はベトナムに行っていたんですけど、モロッコに行ってみたいです。家具やインテリアがすごくかわいくて、じゅうたんとかを買いたい」とにっこり。山崎は「エジプト行きたいですね。ピラミッドとかどうやって作ったんだろうというのがずっと気になっていて、神秘的なピラミッドを見たいなと思っています」と声を弾ませていた。



 同作は、周囲にヲタクであることがバレることを恐れるBL好きの“隠れ腐女子”桃瀬成海(高畑)と、成海の同僚で幼なじみであり、“重度なゲームヲタク”の二藤宏嵩(山崎)がヲタクワールド全開で繰り広げる不器用でピュアなラブコメディー。さらに、超能力者や勇者、侍、ヤンキーなど、さまざまキャラクターでコメディーを手がけてきた福田雄一監督が「『ラ・ラ・ランド』が流行る前から撮りたいと言っていた」と豪語するほどのミュージカル映画仕立てになっている。
カテゴリ