大野いと、共演の渋江譲二は「ぐでたまに似てる」 撮影時を思い出し1人爆笑

大野いと、共演の渋江譲二は「ぐでたまに似てる」 撮影時を思い出し1人爆笑

 俳優の渋江譲二と、女優の大野いとが21日、都内で行われた映画『新卒ポモドーロ』公開初日舞台あいさつに登壇。撮影の裏話を問われた渋江が、大野からサンリオの人気キャラクター『ぐでたま』に似ていると言われたエピソードを紹介。大野はその時を思い出し、爆笑しながら釈明していた。



【写真】七分丈ワンピで登壇!スラッとした美脚を披露した大野いと



 一番印象に残っている撮影裏話について、渋江は「2人で座ってたら、大野さんが僕に『渋江さんってぐでたまにに似てますよね』って。『ぐでたまに似てるんだ~』って。それが一番の思い出です」と映画に全く関係のないエピソードを披露。大野は「今ちょっと思い出してきた。(渋江と)一緒にお話していると柔らかくて。その時に私がぐでたまにハマってたっていうのもあるんですけど」と笑いながら説明した。



 渋江から「僕にハマってたってことでいいんですか?」と振られた大野は、その質問を軽くスルーしつつ「その柔らかい感じとかが、ぐでたまの『ぐでぐで~』って言ってる感じとすごくマッチしました」と話した。それを聞いた渋江は「ありがとうございます」と謙虚に答えていた。



 舞台あいさつには、水石亜飛夢、松田るか、井上博貴監督が出席した。



 物語は、福岡で急成長しているベンチャー企業が舞台。ある日、社長・北村創次(渋江)の強引なやり方についていけなくなった社員たちが一同に退職。競合となるGIファクトリーを設立する。そんな中、北村は社運を賭け、会社初となる新卒採用に乗り出す。そのプロジェクト・リーダーに大抜てきされたのは、大学時代に学んだ社会心理学を生かし、高い営業成績を上げている若手社員の川島美沙(大野)だった。新卒採用の知見も豊富な予算もない中、優秀な学生をどう採用すればよいのか。2人の挑戦が始まる。
カテゴリ