中居正広、“異例”1人で仕切った会見 モノマネ、週刊誌イジリ…笑わせた“中居劇場”2時間

中居正広、“異例”1人で仕切った会見 モノマネ、週刊誌イジリ…笑わせた“中居劇場”2時間

 タレントの中居正広(47)が21日、都内で会見を行い、3月いっぱいで退所し、独立することを報告。会見には報道陣100人以上が集まった。この日、会場入りすると中居一人だけおり、「きょうはお越しいただきありがとうございます。どうぞ、どうぞ、こちらへ」と異例の仕切りで冒頭からマスコミを驚かせ、ジャニーズ事務所の先輩である東山紀之のモノマネや週刊誌をイジるなど、ジャスト2時間にわたり“中居節”をさく烈させた。



【写真】ジャニー喜多川さんの遺骨を見せる中居正広



 笑顔で撮影場所など報道陣を誘導した中居。多くのフラッシュを浴び「あとでやるから! もう、みんなあわてんぼうだな。想定外なんですけど~」と戸惑いながら『フラッシュの点滅にご注意ください』と準備したプラカードを取り出して笑わせた。



 「なんで、もういるんですか!?」と詰め寄られると「こういう会見がワイドナショーでやっていると『いい会見でしたね』『ダメでしたね』となるじゃないですか。これはちゃんとやりたいので、マジなやつなんです!」と説明し、会見は午後4時開始予定だったが15分前から1人で仕切って5分前倒しでスタートした。



 始まると司会者はおらず、1人で質疑応答に対応した中居。「独立することは、誰に伝えたのか?」と聞かれると、きのう、SMAPの元メンバーである木村拓哉、稲垣吾郎、草彅剛、香取慎吾のほか、『ジャニーズアイランド』の滝沢秀明社長など一部の人には伝えたと報告。



 松本人志など親しい人にも報告してないといい「前もって報告した人は数少ないですが、『この人に言ったのに、なぜこの人には言っていないんだろう』となる。ものさしって難しいですが、事前に言うことが友達で、言っていないのが親しくないのか、そうではない」と補足した。



 事務所の先輩である東山紀之には電話で報告したそうで「『おい、中居どうした?』、あの~、そういう運びになったので直接報告したかったので…。『おう、そうかそうか、じゃ飯に行こう! 行けるか?』と…」と東山のモノマネをしながらやり取りを再現。1分間の寸劇のあと「あっ!ヤバイ…」と表情を強張らせて「俺、(TOKIOの)城島君に言っていない…」と思い出して「本当にごめん…」と謝り笑わせた。



 SMAP解散直後に「焼き肉屋で話し合った」と一部報道が出ていたが「その時は、どのようなお話をしたのですか?」と聞かれると「絶対に言わない!」ときっぱり。「言うわけないでしょ、飯を食べた時の話の内容。あなたには絶対に言わない、誰だか知りませんが!」とツッコミ。



 これが週刊誌『FRIDAY』からの質問だとわかると「言うわけないでしょ。…うちによく来るね~、本当にしつこいよ! まじで、去年すごくなかった?」とイジリ倒し「あのさ…、買い物についてくるのはやめてもらえる? 恥ずかしいからさ、(社内に)言っておいてよ」と記者とのやり取りを楽しんでいた。



 「SMAP再結成の可能性は?」「結婚が理由で独立?」など矢継ぎ早に質問が飛ぶ中、NGを出すことなくすべて真摯に答えた中居。終始笑いだらけの会見で、ぴったり2時間の尺に収めたトーク力については、亡くなったジャニー喜多川さんのおかげだという。



 「おしゃべりをする機会を一番もたらしてくれたのはジャニーさんでした。台本もジャニーさんが書いたものを丸暗記してステージに立つこともありましたし、先輩の前説みたいなのを1人でしたこともありました」と振り返り「なんで、僕にしゃべらせようとしたのかは、わかんなかったです。何を見本に、何を模範にしていけばいいのか、模索しながらの10代だったと思います」と話した。
カテゴリ