友達だったけど好きになっちゃった…!付き合うための秘策4つ

友達だったけど好きになっちゃった…!付き合うための秘策4つ

男性と友達になったとき、ふとした瞬間に「この人のこと好きかも?」と思うこともあるでしょう。


初対面でドキドキするような恋愛がそうそうなくても、ある程度の面識を持ってから「この人が彼氏だったらいいな」と思うこともあるはずです。


友達から彼女になるための秘策を4つ紹介します。



「◯◯なとこがろいいよね」と話す


友達だった男性が急に気になり始めたときに、支障となるのが告白の壁。


急に「好きです」なんて、恥ずかしくて言えない!という方も多いはずです。


そんなときは、「〇〇くんの優しいところ、いいよね」など、遠回しな「好き」を別の言葉で伝えてみましょう。


「優しいね」とか「やっぱり面白い!」など、細かく褒めて「好き」をたくさん伝えてみるのがいいでしょう。


ポイントは、他の男性には言わないこと。「こんなに良い風に言ってくれるのは、もしかして俺のこと好きなのかな……?」と思ってくれたら願ったり叶ったりですよね。


二人きりで出かけたいと話す


友達として付き合ってきた男性なら、グループで遊ぶことも多かったはず。


カップルっぽいデートをして、彼をドキドキさせちゃいましょう!


オススメのデートスポットは、映画館。


同じ感情を共有できるうえ、あまり話がうまくなくても、映画なら無理に会話をすることもないのでオススメです。


「今度、二人きりで出かけてみない?お洒落するから!」など、張り切った様子でデートを持ちかけてみれば、彼だって悪い気はしないはず。


自分から誘ったデートだからこそ、彼が思いきり楽しめるようなデートプランを練ってみるのもいいでしょう。


「ここ楽しそうだよね」とワクワクした顔で話せば、彼も「この子と出かけるのと楽しいな」と思ってくれるでしょう。


イメチェンする


イメチェンする


これまで友達関係だった女性を彼に“異性”として意識させるためには、ギャップが必要になります。


そう、恋愛モードにするためには“違う人になること”が必要不可欠です。


まずは、そういった意味でもイメチェンしてみることがオススメ。


エアリーなパーマをかけてみたり、思い切ってダイエットするのもいいでしょう。


彼のことを思ってダイエットすれば、きっとうまくいきます。


可愛げのあるスカートや男性が着ないようなデザインの洋服を着こなすのも“女性”として彼にアピールすることができます。


普段、ガーリーな服を着ない人ほど「恥ずかしい」と思うかもしれません。


しかし、ここは勇気を振り絞れると今後が変わります。友達などにお願いして服を選んでもらうのも楽しそうですね。


彼をショッピングに誘って一緒に選んでもらうのもいいかも。彼の好みの女性像もわかることでしょう。


特別扱いする


彼と会ったときは、彼のことを具体的に褒めましょう。


「〇〇くんといるとつい楽しくて話しすぎちゃう」なんてことを伝えれば、彼も「もしかして俺のこと……?」と期待を寄せてくれるはず。


彼のことを特別な存在として感じ始めているのなら、それをナチュラルに思い切って伝えてみるのがオススメです。


彼がなにか嬉しい行動をてくれた時は「そういうことをしてくれる男性と付き合ってみたい~」と交際を連想させる発言もよし。


大胆に特別扱いすれば、流石に好きなことにも気づいてくれるかもしれませんよ。


友達になってから恋愛でも遅くはない!


友達になった男性との恋愛は、居心地もよいとっておきの関係になるはずです。


「友達としか見られてないから……」と諦めてしまうのは、もったいないこと。


友達であっても、女性としてうまく印象付けられれば、恋は実るはずです。


(東城ゆず/ライター)


(愛カツ編集部)



カテゴリ