V系バンド「レイヴ」年内いっぱいで活動終了 8年の活動に幕、里帰りツアーなど“終活”発表

V系バンド「レイヴ」年内いっぱいで活動終了 8年の活動に幕、里帰りツアーなど“終活”発表

 ビジュアル系バンド・レイヴが25日、2020年いっぱいで活動を終了すると発表し、8年の活動期間に幕を下ろす。



【写真】レイヴの”就活”の一覧



 バンドは2012年に福岡県で結成。2016年のギタリスト・みくるさん死去を乗り越え、定期的に音源をリリースするなど勢力的に活動してきた。



 バンドはコメントを発表し、「いつもレイヴを応援していただき誠にありがとうございます。この度レイヴは2020年をもって全ての活動を終了することとなりました。始動からここまで応援していただいたたくさんの皆さまには心より感謝申し上げます。本当にありがとうございます」とこれまでバンドを支えてくれたファンらに謝意を示した。



 続けて「つきましてはこれまでいただきましたたくさんの応援への感謝を込めまして、『レイヴ“終活”宣言!』と銘打ち最後まで活動して参ります。皆さまの応援に応えられるよう、感謝の気持ちをもって活動終了まで駆け抜けていきますので、今後ともレイヴへの応援をよろしくお願い致します」としている。



 “終活”では、全曲ワンマンライブや各メンバーの地元でのライブ、さらにはみくるさんの追悼ライブ、ラストライブなどを予定。詳細は後日発表される。



 バンドは「これまでいただいたたくさんの応援への恩返し、そしてレイヴとしての活動に悔いを残さないようやりたい事をやりきる、そんなレイヴの“終活”を行うことをここに宣言いたします! 活動終了のその時まで、一緒に思い出を作りましょう!」と呼び掛けている。



■『レイヴ“終活”』一覧

【1】ワンマンツアー『序章』※開催済み

【2】6月:8周年ファン感謝祭『帰ってきた耐久レース! 全曲ワンマン』

【3】2マンライブシリーズ『戦友-ライバル-』

【4】夏:8周年里帰りツアー『原点回帰』(開催予定地:長崎県・宮崎県・福岡県)

【5】秋:ラストワンマンツアー

【6】10月:ギタリスト・みくる追悼ライブ

【7】冬:ラストライブ
カテゴリ