1ページごとに年を重ねる世界的ベストセラー絵本『100年の旅』邦訳版が発売

1ページごとに年を重ねる世界的ベストセラー絵本『100年の旅』邦訳版が発売


「絵本を読んだのは子どもの頃。最後に読んだのはいつだろう……」そんな絵本離れが久しい“大人”にも手にとってもらいたい、素敵な絵本がある。

かんき出版より、ハイケ・フォーラ著のドイツ絵本『100年の旅』の日本語訳版が、2月19日(水)から発売している。

1ページごとに1歳ずつ年を重ねていく



世界中の人々の心をとらえ、14カ国で翻訳されたベストセラー絵本『100年の旅』は、1ページごとに1歳ずつ年を重ねていくユニークな構成で、人の一生が1冊の本の中に収められている。


さまざまなことができるようになり、世界の広さを学ぶ幼少年期、家族が増え、本当に大切なものや幸せとは何かを学ぶ中年期、別れの喪失と時間の儚さ、そして尊さを学ぶ老年期、どの世代にも、そのときどきで大切な学びがあるということを、心に響く言葉と色彩豊かなイラストで描き出している。

世代によって感じ方が変わる本



子どもから大人、高齢者まで、あらゆる世代の人に向けた本なので、家族や友だち、恋人と一緒に読んだり、一人でじっくり読んだり…。人生について考え、思いを馳せる、良いきっかけになりそうだ。

世代によって感じ方が変わる本なので、自分がまた少し年を取ったときに読み直すなど、ぜひ何度も読み返してみて。

前田まゆみ氏の手書き文字も魅力



本書の日本語版に収録されている柔らかい手描き文字は、2017年キノベス第1位を受賞した『翻訳できない世界のことば』の翻訳者で絵本作家の前田まゆみ氏によるもの。ほっこりする手描き文字もまた、絵本の魅力を一層引き立てている。

『100年の旅』は、定価1600円(+税)で、全208ページ。全国の書店ほか、amazonや楽天でも販売中。

未来屋書店、ジュンク堂書店、丸善など、全国の書店員からも絶賛されているベストセラー絵本『100年の旅』。人生にふと疲れたとき、迷ったとき、ページをめくって、自分を見つめ直してみては。
カテゴリ