m-flo“loves”プロジェクト、12年ぶり“復活” 客演3人の“後ろ姿”公開

m-flo“loves”プロジェクト、12年ぶり“復活” 客演3人の“後ろ姿”公開

 3人組ユニットm-floが3月6日、ジャンルを超えたさまざまなアーティストと共演する“loves”プロジェクトの2020年第1弾デジタルシングル「tell me tell me」をリリースすると発表し、コラボアーティスト3人の後ろ姿を公開した。2008年のリリース以来、実に12年ぶりのプロジェクト“復活”となり、コラボアーティストの正体は3月6日に明かされる。



【画像】とんだ林蘭が手掛けた第1弾デジタルシングル「tell me tell me」ジャケット写真



 m-floはプロジェクトを通じ、2004年~2008年にかけて総勢41組のアーティストと共演している。これまでに安室奈美恵「Luvotomy」、BoA「the Love Bug」、YOSHIKA「let go」などの豪華コラボが実現。和田アキ子とは『m-flo loves Akiko Wada』として、2005年の第56回紅白歌合戦にも出場し「HEY!」を披露した。今年は次世代のアーティストたちと、世代・国境を超えて新たな“loves”サウンドを届ける。



 新曲のジャケットは、アーティスト・とんだ林蘭氏が手掛けており、噛み合わないパズルの意味深で印象的なアートワークがどう楽曲とリンクしているのかも注目だ。



 2月28日からは『3/6にm-flo loves復活&新曲“tell me tell me”リリース! 3名の新lovesは誰か#mfloと#lovesで回答募集! まずは豪華41曲のlovesをチェックしてねアルバム』という過去の全41曲を収録したデジタルアルバムも配信される。



 プロジェクトの情報解禁に伴い、この3人が誰なのか当てる企画もスタート。正解者には抽選で『m-flo loves オリジナルグッズ』などがプレゼントされる。応募は3月6日午前0時までに『#m-flo』『#loves』の2つを付けて、ツイッターかインスタグラムに投稿する。
カテゴリ