廣瀬智紀&北原里英出演、映画『HERO~2020~』特報&場面写真が解禁 “死神”姿の斎藤工も

廣瀬智紀&北原里英出演、映画『HERO~2020~』特報&場面写真が解禁 “死神”姿の斎藤工も

 俳優の廣瀬智紀主演で、北原里英らが出演する映画『HERO~2020~』(6月19日公開)の場面写真12点が1日、解禁となった。



【動画】北原里英と2年間限定の恋…映画『HERO~2020~』特報映像



 同作は昨年夏に舞台『HERO~2019夏~』として上演。メガホンを取るのは舞台の脚本と演出を務めている西条みつとし氏。西条氏は、ピン芸人として活動後、12年に自身が主宰する劇団『TAIYO MAGIC FILM』を旗揚げ。齊藤工監督の映画『blank13』(18年)やテレビ東京のドラマ24『下北沢ダイハード』、『オー・マイ・ジャンプ! ~少年ジャンプが地球を救う~』などの脚本を務めており、本作で長編映画監督デビューを果たす。



 “秘密”を抱え、明日に踏み出せないでいる主人公・広樹役には、『弱虫ペダル』をはじめ数々の舞台で活躍し、映画『HiGH&LOW THE MOVIE 2/3』など、映画・ドラマにも活躍の場を広げる若手人気俳優・廣瀬。広樹の恋人・浅美役を、2018年にAKB48グループを卒業し、女優として活動する北原。そのほか『FINEBOYS』専属モデルオーディショングランプリを受賞し、本作が映画デビューの小松準弥、『BanG Dream!』(バンドリ!)の声優としても活躍中の前島亜美、最近ではドラマや映画にも活動の場を広げている小早川俊輔をはじめとする息の合った舞台版キャストに加え、松尾諭、斎藤工が出演し、広樹の秘密についての過去や心情を丁寧に描く。



 2年間限定の交際の期限が迫ってあせるヒロイン・浅美役の北原と、広樹の妹が広樹と浅美に別れてほしくないと相談に駆け込むレンタル人材代行派遣会社の社長・松島役の小松からコメントも到着した。北原は「舞台からの映画化というのは初めての経験でした。舞台の千秋楽で『お疲れ様でしたー!』と乾杯して別れた仲間とまた集合した際には、不思議と舞台の時より距離が縮まっていたりして。何度もけいこを重ねたシーンを改めて演じたり、回想シーンや会話の中でしか出なかったシーンが実際に描かれていたり、映像だからこそ難しく感じる場面があったりと全てが新鮮でとても良い経験になりました。この作品は最後に全ての点と点が線、というより円になるところがとても好きです。舞台で観た方にも、初めて観る方にも、ぜひ楽しんでいただきたいです」と呼びかける。



 小松は「僕は今回が初めての映画出演でしたが、舞台で西条監督、共演させていただいた皆さんとの関係性をそのままに撮影に参加させていただいたので、変に気を張ることなく周りを信頼して挑むことができたことに感謝しています」と撮影を振り返る。そして「物語が進むにつれて、散りばめられていた小さなピースがどんどん繋がっていく爽快な伏線回収が舞台とはまた違った表情・角度で観ていただけますし、依頼者の幸せのために働く松島と(秘書の)小松崎のドタバタコンビの仕事っぷりがよりリアルに笑えるものになっていると思いますので、ぜひ注目していただきたいです(笑)。“ほんの少し勇気を持って行動してみませんか?”と優しく背中を押してくれて、人の温かさに包み込まれるようなHEROの物語を通して、たくさんの人が幸せになりますように」と願っていた。



■あらすじ

 2年間限定の約束で始まった広樹と浅美の恋。広樹には、こんな約束を言い出さなければならない“秘密”の理由があった。そして2年後、運命の日。けがで入院中の広樹を見舞った浅美は、彼の別れの決意が変わらないことを知って沈み込む。そんな時、2人の幸せを願う広樹の妹・真菜の行動が、入院患者から“死神”まで巻き込んで、とんでもない大騒動に! 果たして広樹の“秘密”とは?

カテゴリ