わかりやすさが大切!「アプローチ上手」な女性になるコツ

わかりやすさが大切!「アプローチ上手」な女性になるコツ

気になっている男性がいるのであれば、女性からもアプローチをしていくことはとても大事。


でも、やり方を間違えると、嫌われる原因にもなりかねないので、無闇にアピールをすればいいというものではありません。


そこで今回は、「アプローチ上手」な女性になるコツを紹介します。



「いきなり」ではない


親密でもなんでもない女性からいきなりお誘いを受けても、なかなか男性はOKをしにくいもの。


どんな女性なのかが全くわからない状態では、どう接していいのか困惑もしてしまうでしょう。


気になっているからといって、いきなりデートや食事に誘うのではなく、まずは会話や接触機会を増やして、ふたりの距離を縮めることが大事。


「一緒にいると楽しい」と思ってもらえたら、男性のほうも「デートに誘ってみようかな」という気持ちが芽生えるはずですよ。


「まわりくどいこと」はしない


いざ誘うと決めたのなら、まわりくどいことはせずに、ストレートに声をかけるのがベストです。


男性は鈍感な人も多いので、はっきりと言わないと、そもそも誘っていることにすら気づいてもらえないかも……。


また、わかりにくい変な誘い方をすると、「試されている」とか「駆け引きをされている」と嫌悪感を抱かれることになる危険性も秘めています。


「○○さんと飲みに行ってみたいです」とか「あのお店、美味しいみたいだから行ってみません?」などと、まずは食事や飲みに誘ってみると、男性も気軽にOKを出しやすいでしょう。


「自分アピール」ばかりにならない


気になる男性に対しては、「アピールをしなきゃ」という気持ちに当然なることでしょう。


でも、「自分アピール」ばかりをするのは、マイナス効果しか生み出さない、アプローチ下手な行動だと言えます。


「私が私が」とグイグイいきすぎると、男性には引かれてしまうことになる危険性が大。


例えば、会話も、自分の話に重きを置くよりも、ふたりで会話を楽しんだり、男性の気分を乗せたりすることに力を入れると、一緒にいる時間を大切に感じてくれるようになりますよ。


「リサーチ」をする


「リサーチ」をする


気になっている男性にアプローチをするうえで、まずやるべきなのは男性についてリサーチをすること。


趣味や特技、ハマっているものや好きなことを知っているだけで、会話の広がりもかなり大きくなるはずです。


自分に興味を持ってくれている女性のことは、男性も次第に気になる存在になっていくものなので、好意を示すサインにもなるでしょう。


ただ、深入りしすぎたり、全てを知ろうとしたりすると、束縛や干渉の激しい重そうな女性という印象を持たれてしまうので、興味や関心を持つというレベルを越えないようには注意をしてください。


おわりに


グイグイと積極的に攻めすぎるアプローチは、危険度もかなり高いです。


ちゃんとバランスを見ながら、焦らずに徐々に距離を縮めていけたら、自然といい雰囲気にもなっていくはずですよ。


(山田周平/ライター)


(愛カツ編集部)



カテゴリ