はじめてのお泊り…彼の家で守るべきこととは?

はじめてのお泊り…彼の家で守るべきこととは?

はじめての彼の家でのお泊まり!


嬉しさもありますが、嬉しさばっかりで舞い上がっていると、場合によっては嫌われてしてしまうかも……!


今回は、彼の家にお泊まりするときに気をつけたいマナー・注意したいことをご紹介。是非チェックしてみてください。



勝手にものを触らない


たとえば、彼の家で一緒に料理を作る約束をしていたとします。そんなときでも必ず「台所を使っていい?」と断りを入れましょう。


料理をするのだから、彼も台所を使ってはいけない、とは言わないでしょう。しかし、この“断り”を入れるのと入れないのとでは、彼に与える印象が大きく違ってしまうかも……


台所以外の場所でも、彼のものは勝手に触らないようにしましょう。


本棚の本も勝手に出さない、もちろん引き出しを勝手に開けたりするのもNGです。


彼の生活に密着しているようなものは、たとえ彼女でも勝手に触られたくないと思っているかもしれませんからね。


トイレに行くなら「トイレを借りていい?」と聞き、お風呂も同じように聞くように。


「勝手に使っていいよ。」という言葉を少しずつもらいながら、彼女として“陣地を広げていく”心構えでいましょう。


あ、そうそう。忘れがちですが、お風呂の前には使っていいタオルがどこにあるのか先に聞いておいた方がいいですよ!


自分がいつも使ってるものは持参


いざ彼の家でお風呂、となったとき、あなたに合うシャンプーやボディーソープが無かったら……


男性は女性に比べ、シャンプーなどにこだわる人も少ない傾向にあります。


そのため、彼の家でお風呂に入ったあと、髪のパサつきや肌の乾燥などのトラブルに見舞われることもゼロではありません。


できるだけ自分がいつも使っているものは持参して、彼の家に泊まるのは“旅行に行ってホテルに泊まる”ような感覚で用意していくのがマスト!


スキンケアやメイク用品も、毎回持って行くようにしましょう。


そして彼女側が勝手に、自分の物をボトルで持参して勝手に置いて帰るのはNG!


彼から「置いていけば?」というお誘いがあるまでは、小分けにしたものを持参したほうがいいかも。


大騒ぎしない、音を立てない


大騒ぎしない、音を立てない


当たり前すぎることなのですが、けっして大騒ぎしないこと。


マンションやアパートなど、集合住宅に住んだことがない人がやってしまいがちなのが、自分が出す生活音を気にしない行動です。


足音や、玄関を閉める音、扉を開け閉めする音は、周りの部屋にも響いてしまうもの……。


一軒家でも、大声を出してしまうと近所の方のご迷惑ななりかねません。


はしゃぎたい気持ちもありますが、おしとやかに行動して間違いはなさそうですよ。


あなたはたまにしかいかない彼の家でも、彼は毎日そこに住んでいます。ご近所トラブルになってしまうようなことのないよう、注意しましょう。


トイレや風呂はきれいに使おう


これも当たり前ですが、トイレやお風呂を使うときも、きれいに使うようにしましょう。


どうしても自分のなかの“清潔感”とかけ離れているときは、「ちょっと掃除してもいい?」と聞いてから手早く短時間で掃除してしまいましょう。


そのとき気をつけたいのが、見える所だけサッと掃除すること。


本格的に掃除してしまうと、今後ずっと掃除されるのが当たり前になってしまう可能性も捨てきれませんから……。


手土産持参は感動!?


彼が一人暮らしなら、彼の生活に役立ちそうなものを持って行くと喜ばれるはずです。


持っていくときは、彼が使うタオルやハンドソープなどのちょっといい消耗品だと、あなたと一緒にいないときも思い出してもらるかも。


おそろいのマグカップなども、初めてお泊まりに来た日の記念になっていいですね。


もし彼が実家暮らしなら、皆で食べられる有名店の生菓子などがおすすめです。


自分の故郷の名産などであれば、それだけで彼の家族と話を膨らますことができますよ!


彼の家は彼の家と心得て!


一緒に住んでいない限り、あなたは彼の家に遊びに行く“お客さん”なのです。


家に入れてくれたからといって、自分勝手に行動するのではなく、旅行客のようなイメージで、少し気を使いながらおじゃまする……という感じでしょうか。


彼を思うのなら、彼の生活を邪魔しない行動を心がけて。少しずつ、彼の居場所になじんでいく位のスピードを意識してみましょう。


(只野/ライター)


(愛カツ編集部)



カテゴリ