ただ交際しているだけ?実際はたいして愛し合っていないカップルの特徴

ただ交際しているだけ?実際はたいして愛し合っていないカップルの特徴

彼氏はいるけど、単に交際しているだけというか、惰性で付き合っている状態のカップルもいるはず。


そんな肩書きだけのカップルって付き合っている意味あります?


何かしらのメリットがあるのならまだいいですが、それどころか好きかわからない、むしろ不安になったりイライラしたり、メンタルに良くない交際……というのなら付き合い続けるだけ無駄でしょう。


そこで今回は、肩書きだけが“カップル”になっている状態の特徴についてご紹介します。



疑ってばかりで信頼が弱すぎ


彼の誠実性がかなり弱く、彼の言動のせいで寝ても冷めても彼を疑ってしまい、全然信頼関係が築けない。


自分の本音を彼に伝えても態度を改めてくれる様子もないし、話し合おうとしても彼は面倒臭がって向き合ってくれない。


それどころか、あなたに対し「大袈裟だよ」とか「妄想癖やばいね」とバカにするようなことを言うのなら、もう交際している意味などないでしょう?


こんな発言をする彼彼は、あなたのことなど愛していません。さっさと離れたほうがいいです。あなたのメンタルに悪いですもん。


束縛・干渉が過ぎる


相手に対し興味、関心があるから束縛・干渉という行動をするんだとは思うのですが、愛していたら相手を縛り付けることってしないですからね。


束縛・干渉をするということは相手を信頼していないし、相手を自分の所有物として見ているということ。


相手の存在を尊重していないその行動は、愛し合っているとはいえません。


愛しているから束縛・干渉をしていると勘違いしている人もいますよえ。そういう人が愛しているのは自分自身であって、相手のことはどこか“モノ”として見下しています。だからそんなことができるんです。


会いたいという気持ちがわかない


会いたいという気持ちがわかない


隙間時間で返信をして、時間が合えばデートをする……という関係って、無理なく交際が続いている感じで素敵。


お互い愛し合っているけど、ほどよく力が抜けている関係は自然体でいられるので、信頼関係が築きやすく、絆も強くなりやすいです。


ただ、「好きかわからない。会いたいって感情がわかない」というのなら、好きじゃないんだと思います。


もしかしたら、マンネリだからということもあります。でも、交際早々そういう感情なら“とりあえず”交際しているだけでは?


惰性の関係のまま「これでいいのかな?」といろいろ考えるていっても、後々虚しくなるだけですから。


虚しい交際になっていない?


付き合っているけど“肩書きカップル”って虚しいですよね。


愛し合っていない関係なら、カップルではなく友達関係で十分では?


今の関係に不安な女子、虚しい交際になっていないか、今一度関係を見つめ直すのもいいでしょう。


(美佳/ライター)


(愛カツ編集部)



カテゴリ