提案するなら今!同棲しやすいタイミング4選

提案するなら今!同棲しやすいタイミング4選

大好きな人と「いつか一緒に暮らしたい!」と思っている方も多いはず。


しかし、「一緒に住もう」と言い出すのって、なかなか難しいですよね。できれば彼から誘ってほしいけれど、いつまで待てばいいかわからない……。


そこで今回は、同棲の提案をするのにピッタリな、4つのタイミングについて解説!


お互いのこともよくわかってきて、次のステップに進みたいと考えている女性は、ぜひ参考にしてみてください。



どちらかの家の契約更新時


一番自然なのは、どちらかの家の賃貸契約を更新するタイミングでしょう。このまま同じ家に住むか、違う家に引っ越すかを決めなければいけないことが多いもの。


「どうせ引っ越すなら一緒に住みたいな」「せっかくなら同棲始めちゃおうか?」と気軽に提案しやすいでしょう。


仕事の人事異動発表後


仕事の人事異動発表後も、同棲を提案するのにちょうどいいタイミング。勤務地がわかっていれば住むエリアも決めやすいので、引っ越しがスムーズです。


「お互いの職場から近いし、〇〇に住んでみない?」


「△△勤務になるから、私もそっち側に引っ越そうかな。というか同棲しちゃう?」


と、合理性をアピールしてみるのもいいかも!


貯金が〇〇円貯まったら


新しい家で2人暮らしを始めるとなると、家賃の初期費用や引っ越し費用が発生します。


まとまったお金が不可欠なイベントですから、「貯金が〇〇円貯まったら同棲しよう」と事前に提案しておくのもいいですね。


金額で決めておけばタイミングが明確なので、ズルズルと引き延ばしになる心配もないはず。


同棲を目標に二人で貯金を頑張る過程も、あとで振り返ればいい思い出になるでしょう。


交際が◯年続いたら


交際が◯年続いたら


同棲というのは、今後もお付き合いが続くことを前提として始めるもの。別れたからといって急に別居できるわけではないので、それなりの覚悟は必要です。


そのため、お互いに信頼関係が築けたと思える時期が、最適なタイミングですよね。


とはいえ“信頼関係が築けたと思える時期”という表現は曖昧ですよね。


「交際が◯年続いたら同棲しよう!」と、お互いが納得のいく具体的な数字で決めるといいでしょう。


タイミングを見計らって「同棲したい!」と言ってみよう


「同棲したい!」というあなたのお願いに彼から「OK」をもらうには、生活力がいるもの。


実家暮らしの場合は、家事をしたり、一人で朝起きたり、身の回りのことはしっかりと自分でしておいたほうがいいかも。


準備を整えたら、タイミングを見計らって「同棲したい!」と彼に伝えてみましょう!


(オルカ/ライター)


(愛カツ編集部)



カテゴリ