鬱陶しいな…男に煙たがられる「おせっかい女子」の特徴

鬱陶しいな…男に煙たがられる「おせっかい女子」の特徴

男性のためを思って取っている言動が、ただのおせっかいになってしまっている場合もあります。


それでは、男性に感謝されるどころか、嫌がられることになる可能性も大いにあり得ます。


そこで今回は、男に煙たがられる“おせっかい女子”の特徴を紹介します。



過度に心配する


好きな男性に対しては愛情も強いでしょうから、ちょっとしたことでも心配になってしまうもの。


その気持ち自体はうれしいかもしれませんが、実際に過度に心配をされたら、男性は鬱陶しさや窮屈さを感じるようになるだけです。


「それで大丈夫なの?」とか「そんなの無理だって」といった心配の仕方もNG。上から目線な雰囲気があるので、男性はいい気がしないはず。


心配をしているつもりが、否定や批判、重荷になっていくと、まさに“余計なおせっかい”にしかなりませんよ。


考えを押しつける


気になっている男性が悩んでいる様子だったら、「なんとかして手を差し伸べてあげたい」という気持ちになるでしょう。


ただ、求められてもいないのに必要以上にアドバイスをしたりするのは、おせっかいと取られる危険性が。


しかも、「自分の意見が正しい」といった感じで考えを押しつけられたら、間違いなく鬱陶しく思われるだけ。


特に仕事に関わることには、下手に口を挟まないほうが良いです。


助けを求められたらさりげなくフォローをしてあげるという姿勢でいたほうがいいですよ。


なんでも知りたがる


なんでも知りたがる


なんでも知りたがったり、何にでも首を突っ込もうとしたりするのは、「おせっかい」の王道とも言える行動。


好きな男性のことは、できるだけなんでも把握していたいという思いにもなるのでしょうが、全てに関わろうとするのはやりすぎです。


良かれと思ってやっていたとしても、いちいち何にでも入って来られたら、男性はあなたを邪魔な存在に感じるようなるもの。


予定を知ろうとしたり、関係のない話にも口を出したり、周囲に探りを入れたり…。

ここまでしたら、煙たがられて距離を取られるようなことにもなりかねません。


ひとりにしてくれない


男性には、ひとりになってじっくりと考え込むような時間だって必要なものです。


そんなときにもひとりにしてくれずに、横から色々と言ってくる女性には、うんざりしかしないはず。


例えば、ミスをして落ち込んでいる際には、そっとして置いてほしいと考える男性も少なくありません。


「弱っているときこそ助けてあげなきゃ」と思うかもしれませんが、下手に世話を焼きすぎると重荷にしかなりません。


ちゃんと男性の状況を察して、必要とされているときに支えてあげられる女性になれるのがベストでしょう。


おわりに


「おせっかいだな」と男性に思われると、徐々に距離を離される可能性があります。


「やってあげたい」という自分の思いばかりをぶつけるのは、自己満足でしかないので気をつけてくださいね。


(山田周平/ライター)


(愛カツ編集部)



カテゴリ