平手友梨奈「言葉の暴力しないで」 卒業ラジオで切実メッセージ

平手友梨奈「言葉の暴力しないで」 卒業ラジオで切実メッセージ

 元欅坂46の平手友梨奈(18)が、19日放送回でTOKYO FMの『SCHOOL OF LOCK!』(月~金 後10:00 TOKYO FM)を卒業した。この日の放送は『平手友梨奈のGIRLS LOCKS!卒業式』と題して“最後の授業”が行われ、プライベートでも高校3年生の平手は「コロナウイルスの影響で(高校の)卒業式ができなかった」と明かしながら、とーやま校長から卒業証書を受け取ると「ありがとうございます。卒業式ができなかったので、うれしいです」と感慨深げだった。



【デビュー時貴重写真】初々しすぎる笑顔 ミニスカ制服姿の平手友梨奈



 平手は、2017年4月から番組内『GIRLS LOCKS!』(月~木 後10:15頃~)の毎月3週目を担当。オープニングでは「本当の卒業式みたいですね。きょうでいよいよ、私も最後の登校になりました。(3年間)早かったですね、あっという間でした」としみじみと振り返った。



 その後、生徒(リスナー)からのメールを紹介した平手。とーやま校長とのクロストークでは「結構、実感してます。卒業するんだなって。自覚はないけど、寂しいし、終わってしまうのは嫌だな~」と心境を吐露し「私にとって『GIRLS LOCKS!』、『SCHOOL OF LOCK!』は、どこか特別な存在でもあったし、ここのスタッフさんと毎月会えなくなると思うと、たくさん思うことがあります」とこぼした。



 番組ラストの“答辞”では、生徒、番組への感謝を語るなかで「お願いというか、約束をしてほしい」と切り出し「言葉の暴力というのは、本当にもうしないであげてほしい。言葉の暴力というのは、体罰だったり、パワハラが増えてるなかで、一番人の心を傷つけてしまう、最悪の場合、死にたいと思っちゃう人もいる。言葉の暴力というのは、やめてほしいなと思います」と切実な口調でメッセージ。



 続けて「つらいこと、苦しいことたくさんあると思います。つらいこと、苦しいことの方が多い人もきっとたくさんいると思います。私もそう思ってる人間の一人です。でもどれだけ嫌なことがあっても逃げずに戦ってほしい」と呼びかけていた。
カテゴリ