近畿大学と木村石鹸が共同開発した“化粧筆・パフ専用クリーナー”が新登場

近畿大学と木村石鹸が共同開発した“化粧筆・パフ専用クリーナー”が新登場


近畿大学と木村石鹸の共同企画で生まれた化粧筆・パフ専用クリーナー「Laver le pinceau」が、3月23日(月)より、木村石鹸の直販サイト「くらしの丁度品店」にて数量限定で発売中だ。

共同開発の化粧品道具専用クリーナー



「Laver le pinceau」は、近畿大学経営学部・山縣ゼミの学生と、1924年創業の石鹸メーカー・木村石鹸が1年間かけて開発した化粧筆・パフ専用クリーナー。

開発のきっかけになったのは、学生たちがニーズを調べるため、周りの学生にヒアリングをする中で浮かび上がってきた“化粧品道具のお掃除事情”だった。

“化粧筆やパフの汚れが肌荒れの原因になることを知らない”“百貨店などで販売されている洗浄剤は価格が高く、購入まで至らない”“反対に安価すぎると、品質が不安”といった現状に学生たちは注目。「手の届きやすい価格設定、かつ品質も安心できるポジション」を目指し、商品化を実施した。

2018年12月、阪急百貨店梅田本店で開催された「おおさかものづくり市」で「Laver le pinceau」を試行販売したところ好評を集め、このたびの一般発売が決定した。

使い勝手の良さ&細部へのこだわり


化粧筆やパフについた皮脂や化粧汚れをスッキリきれいに落としてくれる「Laver le pinceau」は、洗浄後の化粧品道具に香り移りがないよう、無香料の洗浄液にこだわっている。

また、価格は80ml/811円(税込)と、お財布に優しいのもポイント。学生が考えた、生活になじむようなシンプルなパッケージデザインにも注目だ。

化粧筆やパフの汚れが気になっている人は、この機会にぜひ「Laver le pinceau」をお試しあれ!
カテゴリ