なりたい顔立ちに近づこう♡顔にメリハリをもたらす「彫り深アイメイク」の基本をおさらい


メイクのトレンドはシーズンごとに移り変わりますが、根強い人気なのが顔のメリハリを強調する「彫り深メイク」。



ノーズシャドウやアイシャドウの使い方など、方法がたくさんあって結局どうすれば良いかわからない…!と迷子になってしまわないために、今回はメリハリのある目元をつくる「彫り深アイメイク」のHow toをご紹介します♩



彫り深アイメイクの基本をおさらい



「彫り深メイク」のメリットはやはり、目鼻立ちをはっきりとさせることで顔に立体感をもたらし、コンプレックスを隠してなりたいフェイスに近づけるというところ♡



特に重要なのがアイメイクになるので、基本をしっかりおさえておきましょう!




illustration by machi



Point #1 眉頭とノーズシャドウをつなげる



アイシャドウで目の周りの彫りを深くするという手法は定番ですが、それと同じくらい大切なのが眉毛。



眉は眉頭のスタート位置が鼻筋につながっていると彫り深感がUPします♡



Point #2 アイラインで目の横幅を決める



また、目を大きく見せるためには、縦幅ももちろんですが横幅も大切。なので、目の横幅のガイドラインとなるアイラインは、アイシャドウベースのすぐあとにひいてみてください。



そこから実際の目の幅ではなくアイラインに合わせてアイシャドウを塗っていけば、デカ目効果が高まりますよ♪



Point #3 眉毛は下から描く



彫りの深い顔の特徴として、目と眉毛の位置が近いというのがありますよね。それに近づけるために眉毛は下のラインを先に描くのがおすすめ。



上から描くと眉毛が太くなりすぎてしまうことがあるので要注意です!



Point #4 斜め45度の影も忘れずに!



最後にノーズシャドウですが、イラストを描く時に斜めの角度から彫りの深い顔立ちの人を観察していると必ずあるのがこの眉頭から目頭にかけての影です。



この部分にノーズシャドウよりやや濃いカラーを入れると、彫りの深さやハイライトがより際立つのでやってみてくださいね♡



メリハリフェイスでなりたい印象をGET




illustration by machi



いかがでしたか?今回ご紹介したのはどれも私が実際に普段のメイクでやっている彫り深テクニックです。



私の場合、これを全部やってアイシャドウは一色で終わり、ということもあったりします。



それでもやるとやらないとでは顔の印象がかなり違うのでぜひ試してみてください♡



カテゴリ