アニメ『七つの大罪』新シリーズ制作で10月放送開始 梶裕貴らキャスト9人が祝福

アニメ『七つの大罪』新シリーズ制作で10月放送開始 梶裕貴らキャスト9人が祝福

 テレビアニメ『七つの大罪』の新シリーズが制作されることが決定し、『七つの大罪 憤怒の審判』が10月よりテレビ東京系で放送されることが25日、発表された。きょう最終回が放送される『七つの大罪 神々の逆鱗』の続編となり、梶裕貴や雨宮天らメインキャスト9人から祝福コメントが寄せられた。



【写真10枚】制作祝福!梶裕貴、雨宮天…キャスト9人の個別ショット



 『七つの大罪』は、2012年10月より『週刊少年マガジン』で連載がスタートした同名漫画が原作で、“人と人ならざる種族が分かたれていなかった古の時代”のブリタニアを舞台に、伝説の騎士団<七つの大罪>の団長で主人公・メリオダスとその仲間が、さまざまな強敵と戦う冒険ファンタジー。きょう25日発売の同誌17号で最終回を迎えて7年半の歴史に幕を下ろした。



 コミックスは現在第40巻まで刊行されており累計発行部数3300万部を突破する人気作品。人気声優・梶裕貴主演でテレビアニメは3度放送(第1期14年10月~16年9月※SP版含む、第2期18年1月~6月、第3期19年10月~放送中)、乃木坂46が主題歌を務めた劇場版も18年8月に公開された。



 アニメの新シリーズ制作を祝うキャスト9人のコメントは以下の通り。



■メリオダス役の梶裕貴

また近い未来に『七つの大罪』をアニメで観られる喜びを存分に感じつつ…ここから終局に向かって、ますます激しく苦しい展開になっていく物語を考えると、胸を締めつけられる思いです。とはいえ!再びメリオダスやゼルドリスを演じさせていただけることは、本当に幸せです。



■エリザベス役の雨宮天

2014年から気付けば6年以上も関わらせていただいている『七つの大罪』がアニメでも最終章を迎えられることがとてもうれしいです。エリザベスは初期から変化の大きいキャラクターで私も彼女の変化に驚かされ続けてきましたが、どんなエリザベスも最後まで全力で演じさせていただきます!



■ホーク役の久野美咲

いつも『七つの大罪』を応援してくださる皆さまへ感謝の気持ちを込めて、全力でホークを演じたいと思います。



■ディアンヌ役の悠木碧

これまで、一緒に笑って、一緒に食べて飲んで、いろんな旅をして、いろんな敵と戦ってきた大切な仲間たちとのお話を、最終章までアニメで担当させていただけることが光栄です。今まで以上に壮大なストーリーとバトルを楽しみにしていてください!



■バン役の鈴木達央

彼らの行く末をフィルムでも楽しんでいただけたらうれしいです。正直、今から武者震いして勇み立っています。



■キング役の福山潤

原作の完結とともにテレビアニメでも最終章を演じさせていただけることはキャラクターを預かる声優として幸せの極みです。



■ゴウセル役の高木裕平

思い返せば最初のシーズンは、演じることに精一杯で…まさか続編が決まるとは思いもよらず、続編が決まった時はうれしい気持ちでいっぱいでした。それから収録を重ねていく中「物語の最後まで演じたい」と欲が出てきました。



■マーリン役の坂本真綾

ますます楽しんでいただけるように、感謝を込めて、しっかりとマーリン役を務めさせていただきます。今からとても楽しみです。



■エスカノール役の杉田智和

収録しないと解りません。ですがエスカノールならきっと、揺るがぬ傲慢さで立ち続けることでしょう。よろしくお願いします。
カテゴリ