おばさんくさく見える人と若見えする人の違いはここにあり!

おばさんくさく見える人と若見えする人の違いはここにあり!

男性が「アリ」だと思う女性のポイントのひとつに、“若見えすること”があります。


そこに、年上とか、同年代とか、年齢の差はあまり関係ないようです。


そう聞くと、多くの女性は服や肌など“見た目を磨くこと”に一生懸命になりがちですが、男性が見ている若見えポイントはそこだけではありません。


そこで今回は、男性に「おばさんくさい」と思われてしまうポイントと、男性から若く見られるポイントについてご紹介します。



笑って泣いて――表情がコロコロ変わる


表情がよく変わる人というのは、元気が内側からあふれていて魅力的に見えます。


反対に、老けて見える人は表情があまり変わらない傾向にあるようです。


人によっては、「前、思いっきり笑ったのいつだっけ……?」「前に泣いたのいつだっけ……?」と思いだせないことも……。


あなたがもしこれに当てはまるなら、感情にブレーキをかけて表情を隠すのではなく、感情を素直に、ちょっと大げさなくらい顔に出してみることを心がけてみてください。


口角が下がっているとやっぱりおばさんくさく見えてしまうし、ほうれい線もでやすくなってしまうかも。


まずは顔の筋肉を使うように心がけて、常に口角を上げてみてくださいね!


言葉づかいや言い回しに柔らかさがある


おばさんくさい人って、なぜか物事を言い切る癖があるように思います。


言い切りをすると、自分の中で物事がすでに完結してしまっているから、他の意見や人の考えを受け入れる姿勢がない、と思われてしまうことも……。


若見えするには、“素直さ”があることも大切。


相手のことを受け入れ、自分の意見よりもまず相手の意見を受け止める柔らかさを持っておきましょう。


新しい自分にいつもチャレンジ!


新しい自分にいつもチャレンジ!


いつも同じ仲間といつも同じ話をしていると、考え方も凝り固まってしまいます。


“いつもの自分”でいられるのはたしかに心地のいいものですが、他人から見ればただ「頑固」なだけに写るのかもしれません。


新しい場所にいって、新しいことをして、新しい刺激をもらっていると、いつもと同じ自分が自然に前向きになってきます。


前向きな姿勢は、いつしか表情にも表れてくるはず。たとえば、ヘアスタイルを長らく変えてない、というならいつもと違う美容院で違う髪型にしてみたり。


無難な服装をいつもローテーションしている場合、自分では定番と思っていても、世間の“定番”が変わっていることもあります。


自分を変えていく姿勢すら見えないのは、自分と付き合っても押さえつけられそう……。というイメージになってしまうかも。


常に人から見ていつも一緒のイメージにならないように、“定番の自分の印象”を変えてみましょう。


若見えするには柔軟な姿勢が大切


相手に、「変化がなさそうな」印象を与えてしまうと、「自分と付き合っても曲げてくれなさそう」「僕の事なんて受け入れてくれなさそう」「この子はナシだ」というイメージを与えてしまいます。


一度与えたマイナスな印象はなかなか変えられないもの。


「いつでも受け入れられるよ!」という(若々しいからこその)安心感を出すためにも、柔軟な姿勢を持っておきましょう!


(只野/ライター)


(愛カツ編集部)



カテゴリ