新人アイドル・#ババババンビ、デビューイベント中止も「もっと成長してやり直す!」

新人アイドル・#ババババンビ、デビューイベント中止も「もっと成長してやり直す!」

 新型コロナウィルス感染症の感染拡大防止のため、デビューイベントが中止となった新人アイドルグループ・#ババババンビ(吉沢朱音、水湊みお、岸みゆ、池田メルダ、小鳥遊るい)が27日、都内で取材に応じた。



【写真】ゼロイチファミリアの新人…#ババババンビの個別ショット



 同グループは、芸能事務所・ゼロイチファミリアの新人5人で結成。漢字で書くと「#馬馬馬子鹿」と書くように「馬と鹿」がテーマで、「いまの日本、イヤなことやムズカしいこともたくさんあるけれど、この瞬間だけは“馬鹿”みたいに楽しくいきたい」という願いも込められている。



 きょう27日に開催予定だったデビューイベント『#ババババンビのババババースデー~ずっこけ0周年記念~』は、政府専門家会議、厚生労働省からの発表内容、数多くのメール、DMでの指導を踏まえて運営が中止を判断。同グループは、メンバーがマジシャンやグラビアアイドルなど、歌・ダンス・アイドル自体初経験の無名の新人がメインながら、お披露目ライブの先行チケットが10分で完売、ライブ2週間前にはソールドアウトする人気ぶりだった。



 レッスンにも励み、準備万端で進めていたデビューイベントが中止となり、吉沢は「最初に(イベント中止を)聞いたときは、すごくショックで泣いてるメンバーもいて、悔しい気持ちでいっぱいでした」と心境を吐露。



 それでも池田が「いつまでも下を向いていても何も始まらない。これからについて、上を向いて考えていきたい」と言葉に力を込めると、岸も「もっと成長してから大きな規模でデビューライブをやり直せるように頑張りたい! 目標は半年以内!」とリベンジを誓った。



 今後について水湊は「先輩方に応援してもらっていることを実感している。それに応えていきたいですし、CDもリリースしたい!」と目標を掲げ、吉沢も「大きな目標として、2年以内に日本武道館に立ちたいです!」と目を輝かせていた。
カテゴリ