どこか嬉しい…男が「心地良い」と感じるボディタッチ

どこか嬉しい…男が「心地良い」と感じるボディタッチ

男女の距離を縮めるのに、ボディタッチは非常に有効です。


ただ、相手に嫌がられたら……なんて考えてしまうと、手が出せなくなりますよね。


では、「心地良いと感じるボディタッチ」とは?


男性たちの意見をもとにご紹介しましょう。



笑ったときに腕に触れる


「女性で笑っているときに、腕とか肩のあたりをポンと触ってくる人いるじゃないですか。

あれ、いいですよね。すごく自然だし。

触られると、もっと笑わせたくなります」(27歳/通信)


まず、女性の笑う姿というのが好印象。


そのとき、「いやだ~」なんて言いながら腕のあたりを触られると、男性は嬉しいもの。


自分の発言によって笑ってくれたと思うと、男性はさらに喜びが増しますよ。


呼び止めるときに肩を


「朝の通勤時。電車を降りたときに、名前を呼ばれた気がしたんです。

でも、気のせいかな……と。

すると、もう一度呼ばれ、今度は肩をポンと叩かれました。


振り返ると、後輩の女子社員でした。

それだけで、朝からいい気分でした」(32歳/食品)


ただ呼び止められるだけなら、なんとも思わなかったでしょう。


そこに、肩をポンと叩くというボディタッチが加わっただけで、まるで感じ方が変わってきます。


やっぱりカラダに触れるという行為は、温もりや安らぎを与えるんですね。


座っているときに膝があたる


「職場の飲み会があったとき。

隣に女子社員が座っていました。

話をするんだけど、結構熱心に聞いてくれて。


ちょっとカラダをこっちに傾けているせいで、膝が僕の太ももあたりに触れてたんです。

内心、ドキドキしてました」(28歳/保険)


膝や太もものあたりは、さほど感覚が鋭くはなさそうですが、意外と敏感な部分。


触れていると、とても気になる。


会話中でも、意識がそっちに傾くでしょう。


また、自分の話に熱心に耳を傾けている感じが、好印象にも繋がりますよ。


嬉しいときのハイタッチ


嬉しいときのハイタッチ


「合コンに行ったとき。流れでみんなでボーリングをしたんですね。

そこで、ひとりの女子が一投目でいきなりストライクを出しました。


テンションが上がって、ハイタッチしてきたんだけど、それが気持ち良かった。

ハイタッチっていいなと思った」(25歳/SE)


テンションが上がって、思わずしてしまうような行動は、男性の目にとても可愛く映ります。


とはいえ、こういった場面はなかなかないですから、盛り上がったときは勢いでしてしまいましょう。


チャンスを逃さないようにしたいですね。


おわりに


ボディタッチは、タイミングを考えてしまうとぎこちなくなります。


すると、相手に違和感を抱かせてしまうことにも……。


自然なボディタッチであれば嫌がられることはまずありません。


深く考えすぎずに、手を伸ばしてみてください。


(大木アンヌ/ライター)


(愛カツ編集部)



カテゴリ