ファーストサマーウイカ、ブレイクも慢心せず ANN0挑戦への意気込み「ぶつかり稽古みたいな…」

ファーストサマーウイカ、ブレイクも慢心せず ANN0挑戦への意気込み「ぶつかり稽古みたいな…」

 ファーストサマーウイカ(29)という名前を、バラエティー番組などを中心に昨年から急激に見る機会が増えた。それを裏付けるように、昨年末にエム・データが発表した『2019年下半期・急上昇テレビ番組出演ランキング<フレッシュ平成世代>』では、お笑いコンビ・納言の薄幸と並んで1位にランクインした。その勢いのままに、30日からニッポン放送『ファーストサマーウイカのオールナイトニッポン0』(毎週月曜 深3:00)がスタート。タレントとしての力が試される“深夜ラジオ”に単身で乗り込んでいくウイカに、急激なブレイク、ラジオへの思いなどに迫った。



【写真】『オールナイトニッポン0(ZERO)』木曜を新たに担当する水溜りボンド



■番組で感じたリスナーのありがたみ ラジオという場所への安心感



 昨年11月に単発で『ファーストサマーウイカのANN0』のパーソナリティーを担当。声色を巧みに使い分け、抜群のトーク力で深夜ラジオリスナーの心をガッチリとつかんだ。今回のANN0パーソナリティー就任会見でも、冒頭から笑顔でこう切り出した。「(単発が)すごく反響があったみたいで、今回の月曜パーソナリティーもファンのみなさんの声のおかげで就任することができました。ひとりしゃべりのラジオを持つのは初めてで、今までいろんなことを経験してきたので、言っちゃダメなこともわかっているつもりなんですけど、ANNは比較的やさしいと聞いております(笑)」。



 その後も各パーソナリティーと和やかなトークをしていたが、会見後に行ったインタビューでは「なんか、言いたいことの半分も言えなくて緊張しちゃいましたね。こんな時って、言っちゃいけないことばっかり頭に浮かんでくるんですよ。実際に少し言っちゃいました」と早くも反省。「前回の単発では、リスナーのみなさんに助けられましたね。コーナーをやる中で奇跡が起きたりして、自分発信じゃないところから生まれる快感というか。『自分が面白いこと言うたったでー』っていうのとは違って、リスナーさんが発信もしてくれる楽しさを感じました」と言葉に力を込めた。



 “ラジオ”という場所への心地よさも感じている。「テレビでは話させてもらえない、文字ではニュアンスが伝わらない、みたいな身の回りにある些細(ささい)なエピソードってあるじゃないですか。ちょっとしたことを話せる場所があるというだけで、私の精神衛生がすごく良くなります」。



 TOKYO FM『DIG DIG TOKYO』(毎週月曜 後9:30)、FMヨコハマ『Tresen』木曜レギュラーパーソナリティー(後3:00)を担当しているが、ANN0では“ひとりしゃべり”の力量が試される。「FMの2つの番組は情報番組なので、ゲストやメインDJとの会話が基本で、いわゆるひとりの雑談とか、ダラダラしゃべるみたいなラジオのレギュラーは今回が初めて。暴走しないように自制心を持って挑みたいですけど、折角だから秘密基地みたいな、ここに集まる人たちだけが共有するみたいな特別な時間にもしたい。ゲスい話ももちろんですよ。例えばなんだろ、四十八手みんなで覚えようぜみたいなコーナーがあってもいいですよね(笑)。そうしたら、月4回だから、ちょうど1年になりますし…」とどんどんと構想がふくらんでいく。



■菅田将暉、Creepy Nutsらとの交流に意欲 目標はリスナーとタイマン?



 自身にとって、昨年の急激なブレイクはどういったものだったのだろうか。「去年から想像もしないスピードで上がってきて、去年で燃え尽きて、そのまま塵(ちり)となっていくんじゃないかとも思っていたんですけど、ありがたいことにこうやって新しい機会もいただいて。まだまだ全然『お前、誰やねん』状態が続いていると思いますので、普段あまりテレビを見ずにラジオを聞くことが多い方にも届けることができると思うし、ちょっと新規開拓というか、やっていけたらいいなと。ラジオを始めるとネタ探しをすることになると思うので、自分の幅も広げることができるなと感じています」。今の状況に慢心せず、見据える先はまだまだ先にある。



 リスナーとしても『佐久間宣行ANN0』(毎週水曜 深3:00)『三四郎ANN』(毎週金曜 深1:00)『オードリーANN』(毎週土曜 深1:00)といった番組を聞いているというウイカ。「誰かとしゃべっているというスタイルのラジオが好きなので、私ひとりで大丈夫かなという気持ちもあります」と不安ものぞかせながら、直前に放送されている『菅田将暉ANN』(毎週月曜 深1:00)、翌日に放送されている『Creepy NutsANN0』(毎週火曜 深3:00)といった番組との横断的なコラボにも意欲をにじませる。



 「菅田さんファンに来ていただけないかなということで、好きなところをみんなで語り合う『菅田女子会』とか開いてみたい(笑)。どの四十八手がいいかとか、結局ゲス話になってそうだけど(笑)。横のつながりとしては、テレ東でいろんな番組を手がけていらっしゃる佐久間さんに『この番組企画を出してみよう』とか。Creepy Nutsさんには、この一文で曲を作ってもらおうとか。全曜日から『あいつ、また来よったぞ』って嫌がられない程度にいっちょかみさせてもらえたらいいなぁ〜(笑)」。



 目指すは、一方方向ではなく、双方向のラジオ。「今までバンドやって演劇やって、アイドルやって、女性ユニットやって、いろんな遍歴があり、いろんなところで出会ってくれた方もいる昔からのなじみの方に聞いていただきたいのはもちろんのこと、やはりANNリスナー、ハガキ職人のみなさんには是非聞いていただきたい。耳の肥えた人たちに鍛えてもらいたいという気持ちと、なめんなよという気持ちで、“ぶつかり稽古”みたいな感じでいきたいです。メールとトークの攻防から最終的にはリスナーの方を呼んで『タイマン張ろうや』くらいまでになれば楽しそう(笑)」。その上で、こう呼びかけた。



 「それくらい距離のない、なんならオフ会やってもいいくらい(笑)。ガチでケンカするし、ガチで泣いて笑ってっていうのをやっていきたいので、ゆくゆくは(オードリーANNリスナーの愛称である)『リトルトゥース』みたいな、リスナーの愛称ができたらうれしい。そこでリスナーを囲いたい(笑)。ぜひ、いいアイデアをお待ちしております」。ウイカの夢は深夜にひらく。



■ファーストサマーウイカ(29)。高校卒業後すぐ、地元大阪の劇団で約5年間活動。2013年5月にavexのアイドルグループ「BiS」に新メンバーとして加入しメジャーデビュー。14年7月横浜アリーナの単独公演で同グループが解散。15年よりNIGOプロデュースの元「BILLIE IDLE」を結成。ライブを中心に活動し、19年12月解散。現在はバラエティー、ドラマ、ラジオなど多岐にわたって活動している。
カテゴリ