乃木坂46高山一実「エンジェとウーモンちゃん」 将来生まれる子はデジモン名が候補

乃木坂46高山一実「エンジェとウーモンちゃん」 将来生まれる子はデジモン名が候補

 人気アイドルグループ・乃木坂46の高山一実、声優の坂本千夏、三瓶由布子が30日、都内で行われたアニメ『デジモンアドベンチャー:』の完成披露試写会に登場。高山はあふれるデジモン愛を語り、将来生まれてくるであろう子供の名前に“デジモンの名前”を付けたい気持ちがあることを明かした。



【写真】ガブモンと並んで笑顔の乃木坂46・高山一実



 同作は、シリーズ1作目『デジモンアドベンチャー』(1999年)の20年ぶりとなる完全新作アニメ。異世界デジタルワールドに突如放り出された小学生の太一を含めた8人の“選ばれし子供たち”がデジモンと出会い、仲間とともに成長する過程を描いたストーリー。第1作と同じく主人公は小学生の八神太一で仲間など登場人物は同じだが、インターネットが発達した2020年が舞台で、時代背景も考慮しながら、現代性を強めた作風に生まれ変わった新しい物語となる。(4月5日より毎週日曜午前9時からフジテレビなどで開始)



 熱く強い責任感をもつ小学5年生の主人公・八神太一役を『BORUTO-ボルト- NARUTO NEXT GENERATIONS』うずまきボルト役、『おしりたんてい』おしり探偵役などで知られる三瓶由布子が担当し、太一を含め仲間たちの人物キャラクターは1999年放送当時のキャストを一新。一方、アグモン役は坂本千夏が務め、パートナーとなるデジモンたちは続投する(※テイルモン役のみ諸事情により徳光由禾から園崎未恵に変更)。



 再びアグモンを演じることになり坂本は「いつもいつもフレッシュな気持ちで向き合っております。今度のアグちゃんは、なかなかできるやつです。身体能力も高くなり、ついていくのが必至です」と告白。



 大役を任された三瓶は「当時、見ていた子供の一人でしたので、信じられない気持ちと緊張もあります。アフレコを重ねて演じさせていただいて、アグモンのパートナーになれていると実感して誇らしく思います」と話した。



 『デジモン』応援大使に就任した高山は小学生のころから好きだそうで「夢のような仕事をありがとうございます。(三瓶、坂本を見て)もう熱量が止まらないのでどうしよう…。とにかくうれしくて、劇場版は初日に行ったこともありますし、こんな機会をいただけて光栄です」と満面の笑み。



 好きなところは「見ていた当時は“選ばれし子供たち”が同世代で、同世代の子たちが世界を救う姿に感激して、自分の元にもデジヴァイスが届いて『デジモンがやって来ないかな?』と、現実と重ねあわせていました。大人になっても、好きが今も止まらない状態です」と早口で伝えた。



 アグモン、ガブモン、テントモン…とデジモンには多くの種類がある中「エンジェウーモンが大好きです」と即答。子どものころのエピソードを展開し「好き過ぎて、お母さんに将来ね、子供が生まれたら『“エンジェちゃん”と“ウーモンちゃん”にするんだ』と、2人生まれてくる想定でいました。その話をしたのを今でも覚えています」と驚かせ「(母親からは)止められなくて、『楽しみだね~』って」と好意的な反応だったと説明した。
カテゴリ