古き良き名機、 “最強”「ソ連軍戦車」と“最高の航空機”「トムキャット」がモデラーに与えた影響力

古き良き名機、 “最強”「ソ連軍戦車」と“最高の航空機”「トムキャット」がモデラーに与えた影響力

 60余年の歴史を持つ国産プラモデルにおいて、黎明期から現在に至るまで、その歴史を支えてきたのは戦車・艦船・航空機といったスケールモデル(※縮尺にもとづいて忠実に再現した模型)だ。中でも第二次世界大戦で活躍したソ連軍戦車と、映画『トップガン』でも活躍し、“最高の航空機”との呼び声もある「F-14トムキャット」は今なお根強い人気を誇っている。そこで今回、ソ連軍戦車に魅せられた佐藤児輝氏(luu03@Luu03_models)と、2003年のイラク戦争の際「イラクの自由作戦」に参加したトムキャットを制作したスギモトカステン氏(@kuromedakaf14)に、新しい技法に挑戦する理由や、“古き良き名機”を作る理由について聞いた。



【写真】これが究極の“安彦ガンダム”だ! 旧キットガンダムをア・バオア・クー最終決戦仕様に改造



■戦車の歴史を学べば“思い切った作業”ができる(佐藤児輝)



 航空機、戦車、艦船など豊富なジャンルを持つスケールモデルにおいて、「戦車が一番好き」だと語る佐藤氏。その理由は「技法の種類がとても多いのと、塗装技術の発展がとても速いので、常に新しい方法を学ぶ事が出来ておもしろいからです。あと裏面を塗らなくてもよいという点でしょうか」と笑った。



 そんな佐藤氏の代表作、ソ連の自走砲JSU-152についてコンセプトを聞くと「鮮やかさと汚れの両立」と回答した。鮮やかさの要素としては、緑の車体に対してソビエト国旗の赤と黄を差し色として入れることで地味な印象にならないよう演出。また鮮やかさと汚れを両立するためにグラデーションを強めに掛けたとのこと。



 塗装に関する“こだわり”を隠さない佐藤氏だが、特に「塗装の明度と彩度の調整」については精力を注いだようだ。それは「どれだけウェザリングやフィルタリングを丁寧にしたとしても、車体がそのせいで暗い見た目になってしまったら意味がないため」だ。さらにキットの見栄えが悪くなることを回避するため、展示会の照明に近い暗さの環境で制作するなど工夫しているのだという。



 そして、塗装に関しては“戦車の歴史”について学ぶことも重要だと佐藤氏は強調する。



 「専門家の方ほど深くはありませんが、戦車に関して歴史を学んでいます。僕は歴史上のワンシーンを切り取ったジオラマ作品を作らないので、戦いよりも車両や塗装の変遷について調べて学ぶ事が多いです。学んでおけば防げる作業ミスは沢山あるので、しっかり調べるようにしています」



 主に第二次世界大戦下で活躍した戦車を制作するなかで、“歴史の学び”がプラモ制作に生きることは多いという。実際、「この時期は○○だから塗装はこうなるという確証が得られ、思い切って作業できる」と、“歴史を学ぶ効用”を教えてくれた。



■トムキャット、ホーネット、プラウラー…役割の異なる艦載機が魅力(スギモトカステン)



 「可変翼で美しいフォルムのトムキャットは一番好きな機体」だと語るスギモト氏。使用したキットは、ドイツのプラモデルメーカーRevell の1/144 F-14A TOMCATと1/144 F-14D SuperTomcat。フィギュアは、ガレージキットディーラー英国雑貨店のマーチンベイカー GRU-7Aパイロットフィギュア付きドラゴンキット用を使ったとのこと。



 トムキャットへの思い入れを聞くと、「トムキャットといえば、トム・クルーズ主演の映画『トップガン』ですね」と即答。「主人公のマーベリックが一流パイロットへと成長する分かりやすい成長ストーリーと、リアルなドッグファイトは子ども心に痺れた」と当時を振り返った。中でも、「オープニングの空母発艦シーンで流れる主題歌「デンジャー・ゾーン」は最高ですし、最後の戦闘シーンはいつ観てもドキドキします」と笑顔で語った。



 では、映画『トムキャット』以外で本作に影響を与えたものは?



「僕は空母艦載機が好きで、中でもアメリカ海軍の空母航空団の1つ『5空母航空団(CVW-5)』が一番好きです。なのでよく厚木基地の春祭りに行っていました。今でもトムキャットを展示しているので必ず記念撮影をしています。それに昔は、上空をトムキャットが編隊を組んで飛んでいたのでよく眺めていました。あの頃がとても懐かしいです」



 “生で見た”トムキャットの飛行が、スギモト氏にとって忘れがたい体験になっているようだ。今では、偵察、対地、対艦攻撃、電子戦、給油までこなしてしまうマルチロールファイターの戦闘攻撃機F/A-18E/Fスーパーホーネットが空母甲板を占めている。だが、かつて空母艦載機ではそれぞれの役割を持っていたトムキャット、ホーネット、プラウラー、バイキングなどが存在していて、スギモト氏はそんな“古き良き時代”の戦闘機が忘れられないのだそう。そして、古き良き思い出を具現化するため、大好きなトムキャットを作ったのだという。
カテゴリ