『ピーターラビット2』2021年に公開延期

『ピーターラビット2』2021年に公開延期

 Sony Pictures Releasingは31日、『PETER RABBIT 2: THE RUNAWAY』(邦題『ピーターラビット2/バーナバスの誘惑』)の公開を、新型コロナウイルス感染拡大を受けて、2021年1月15日に延期することを発表した。これに伴い、日本の公開も延期となる。日本の新たな公開日は未定。



【動画】『ピーターラビット2』予告編



 同映画は、2018年に初めてハリウッドで実写映画化され、全世界興行収入が約386億円を超える大ヒットを記録した『ピーターラビット』の続編。イギリスで最も美しいと称えられる湖水地方を舞台に、世界で一番愛されるウサギを主人公にした、ビアトリクス・ポター原作の絵本「ピーターラビット」。実写映画第2弾となる『バーナバスの誘惑』のバーナバスとは、湖水地方を飛び出したピーターが都会で出会う、父親の親友の名前。彼は、地下組織を率いる大ボスだった。



 大好きなビアとマグレガーの結婚式から物語は始まり、いきなり父親づらをするマクレガーに叱られ続ける毎日に嫌気がさしたピーターは、生まれ育った湖水地方を飛び出してしまう。知り合いもいない、食べるものもない都会で、ある日ピーターは、亡き父親の親友だと名乗るバーナバスと出会う。地下組織を率いるバーナバスは、都会で生きていくための盗みのスキルをピーターに教える。



 バーナバスに父親の面影を重ねたピーターは、バーナバスに認められたいばかりにワルさがエスカレートしていき…。ついには妹たちや仲間を巻き込み、くだもの市場を襲撃する。ピーターは、このままダークサイドに堕ちてしまうのか…!?
カテゴリ