デートのとき、彼が「無口になってしまった」原因とは…?

デートのとき、彼が「無口になってしまった」原因とは…?

「いい人がいない」「会ってみたらイマイチだった」と嘆く女性の話を聞いてみると、「会話がつまらない」「私の話を聞いてくれない」という不満が出てくることがあります。


でもそれ、こちらが会話ベタな可能性も……。


一体どんな会話が、男性にとって「話しづらい」ものなのでしょうか?



相手が話し終わる前に口を開いてしまう


「こちらが喋っているのに、最後まで聞かないで違う話題にしたり、自分の意見を突っ込んでくる人っていますよね。

あれ、疲れます」(33歳/内装関係勤務)


これは男性に対してだけではなく、女性同士でも同じことをやってしまっているかもしれません。


自分ではなかなか気付かないことなので、気をつけたいものです。


「最後まで聞き終える」を意識するだけでも、会話の盛り上がり方が違ってくるでしょう。


勝手に話をまとめてしまう


「喋っていて僕の話を『それってこういうことでしょ』と勝手に話をまとめて結論づけてしまう女性と話していると、何かストレスが溜まるんですよね。

結論が違ってることも多いし」(26歳/金融関係勤務)


頭の回転が早い女性に多いのですが、相手がダラダラと要領を得ない話を続けていると、さっさと結論を出したくなってしまうようです。


もちろん、これは女性に限った話ではありません。


話をまとめた時に、相手がちょっとムッとした顔になっていたら、確実にやめておいたほうがいいですね。


表情をよく見てみるようにしましょう。


自分の話ばかりして相手の話を聞かない


「自分の話題ばっかりして、こっちに何も聞いてこない人っているんですよね。

僕が喋ってもリアクションが薄くてつまらなそうな顔されると、話す気なくしてしまいます」(24歳/カメラマン)


直接会っているときのデートって、話す内容だけではなく表情や相手との距離、仕草などすべて含めて「楽しそう」「楽しくなさそう」とお互いに感じ取っているんですよね。


人と会話しているとき、思っている以上に無表情で喋っている人は、多いのかもしれません。


自分の意見を押し付けてくる


自分の意見を押し付けてくる


「ちょっと指摘するとキレたり、自分の意見以外は認めない人っていますよね。

こちらが何か言っても『それ違う』と言ってすぐに自分の意見に戻そうとする人とは話していても全然楽しくないです」(27歳/ゲーム会社勤務)


人から指摘されたときに、素直に受け止められない人や、自分の意見を曲げない人って、実は自分に自信がないのかもしれませんね。


「そういう意見もあるんだな」と柔軟に受け止められる女性のほうが相手も話していて楽しいはずです。


会話はコミュニケーション


デートの会話が合うかどうかって、その後のお付き合いに大きく影響します。


もし、喋っていて楽しくない相手と付き合っても、長く一緒にいるのは難しいもの。


会話はコミュニケーションなので、「合わせて楽しむ」という気持ちがあるほうが盛り上がるでしょう。


もちろん、自分だけではなく相手もお互いに努力できたら理想ですね。


(ライター/上岡史奈)


(愛カツ編集部)



カテゴリ