次につながる…初デートを成功させる「絶対条件」

次につながる…初デートを成功させる「絶対条件」

好きな人との初デートは、もちろん緊張します。でも、ただ流されていては、せっかくのデートの意味がなくなってしまう。


最低限、心に留めておくものがあるといいですよね?


そこで、“初デートを成功させる絶対条件”についてご紹介しておきましょう。



いいところを見付けて褒める


「今の彼女との初デート。『お店選びのセンスさすがだね。雰囲気も味もすごく好み』、『取り分けてくれてありがとう。こういう気遣い嬉しい!』と自然に褒めてくれました。嬉しかったし、彼女の喜んでくれるポイントがわかって次も続けようと思った」(26歳/通信)


褒めるときは自分の感情をセットで伝えるのがポイント。


こんなデートで大丈夫かな?楽しんでくれてるのかな?と実は気が気でないのが男性心理。


褒めるときは、あなたの感情もセットで伝えることで男性の自信に繋がり、また喜んでもらいたいと頑張ってくれるものです。


帰りは遅くならない


「好きだった女性と念願の初デート。映画を観て、食事をしました。本当はもう少し一緒にいたかったけど、彼女が明日が早いからと言うので早めに切り上げました。別れたあと彼女が何しているかすごく気になってずっと考えてしまった……」(30歳/飲食)


もう少し一緒にいたかったな、と消化不良なくらいがちょうどいい。


そうすることで自然にあなたのことを考える時間が増え、また会いたい……という思いが湧き上がってきます。


こうして、ますます好きになっていきますよ。


次の約束は自分からはしない


次の約束は自分からはしない


「次のデートの約束は自分からしたいですね。追いかけたいし、女性からすぐに次の予定を聞かれると、付き合った後が大変な気がしてしまう」(28歳/広告)


次の約束がないと、不安になるかもしれませんが、こちらからすぐに次の約束を取り付けようとするのはよくありません。


相手に主導権を渡してしまうことになります。


ここは余裕を持って、男性にリードさせてあげるぐらいの気持ちでいるのがいいでしょう。


お礼は自分からする


「デート後、お礼メッセージを送ろうとしたら、それよりも早く彼女からLINEがきて嬉しかったです。『楽しかったからまた行きたい』って言ってくれて、次のデートにも誘いやすかった」(32歳/IT)


デート直後はお互いの気持ちが温まっているので、まずはすぐにお礼を伝えましょう。


大切なのは内容よりもスピード。端的に“感謝”と「楽しかったのでまた行きたい」という気持ちを伝えればOKです。


そうすることで次の約束にも繋がりやすくなりますよ。


おわりに


初デートは誰でも緊張するもの。


でも、ポイントさえ押さえれば大丈夫。あとはあなたらしく思いっきりデートを楽しんでくださいね。


(大木アンヌ/ライター)


(愛カツ編集部)



カテゴリ