【麒麟がくる】高橋克典、一足先に“上がり”「ここからが新しい時代の幕開け」

【麒麟がくる】高橋克典、一足先に“上がり”「ここからが新しい時代の幕開け」

 NHKで放送中の大河ドラマ『麒麟がくる』(毎週日曜 後8:00 総合ほか)の第12回「十兵衛の嫁」(5日放送)で、織田信長の父・織田信秀がその生涯を閉じた。信秀役の高橋克典が、視聴者へメッセージを寄せた。



【写真】OAでは一瞬だった光秀と熙子の婚礼シーン



 「今回は信秀の最期が描かれました。信秀から信長へと時代が変わっていくところですが、ここからが新しい時代の幕開けです。撮影初日に撮ったシーンでしたが、なかなかいい死に方をさせていただきましたし、そんな信秀の最期を演じることができて、寂しいながらもとてもうれしく光栄に思っております」



 実は、主人公・明智光秀役で主演する長谷川博己とは共演するシーンがなかった高橋。長谷川“光秀”について「非常に爽やかで、滑舌がよくて歯切れよくせりふが入ってくる俳優さんですね。今はまだ若く爽やかですが、いろんなことが周りで起きていき、彼の中で沈殿していって最後があるんだと思います。今はいろんな人に出会っていて、経験と出来事がその人を作っていきますので、そこの無垢さをよく演じられているなと思っています。光秀のこれからの成長がとても楽しみです」と、コメント。



 そして、「それにしても信秀としてもうちょっと出演して、いろんな方とお芝居をしたかったですね」と、“上がり”を名残惜しんでいた。
カテゴリ