なんか違うな…男が「この子は合わない」と感じるポイント

なんか違うな…男が「この子は合わない」と感じるポイント

「なんか合わないな」とか「なんか違うな」と感じる女性に対しては、男性もなかなか本気にはなれないもの。


そのままの状態でいたら、恋愛関係にはなれないでしょうから、改善していくことも大切です。


そこで今回は、男が「この子は合わない」と感じるポイントを紹介します。



“素”が出せない


女性と一緒にいるときに、自分の素の部分や本音を見せることができないと、結局のところ男性は気疲れしてしまうだけです。


それでは心から楽しむことはできないでしょうし、「また遊びたい」という気持ちにもなかなかなれないはず。


相手に素を出してもらうためには、まずはあなたのほうから本音を見せていくようにすることが大事。


もちろん最初から全てをさらけ出すことはできないでしょうから、少しずつでも素直な自分を出していくと、男性も自然と心を開いてくれるようになりますよ。


あまり共感してくれない


「この人とは気が合うな」と感じる一番のポイントは、自分の意見や話によく共感してくれること。


逆に、相手からの共感をあまり感じられなかったり、自分も相手の意見に共感できる部分が少なかったりする場合には、「なんか合わない人」という印象になってしまいます。


だからこそ、気になる男性と会話をしていて、共感できる部分があったのなら、それはきちんと声に出して伝えたほうがいいでしょう。


「すごくわかります」「私も同じ意見です」「本当にそう思います」などと言うだけで、男性のあなたの見方は少しずつ変わってくるはずですよ。


“盛り上がるポイント”が違う


“盛り上がるポイント”が違う


楽しいことやおもしろいことがあったときに、一緒に笑い合える女性とは、とても充実した時間を過ごせるもの。


盛り上がるポイントやテンションやノリなどが合うと、男性の喜びも倍増するはずです。


常にずっと同じである必要はないですが、特に大きく盛り上がったときには、一緒になってはしゃいだりしたほうがいいかも。


気持ちに温度差がありすぎると、「この子といても楽しくないな」なんて思われてしまいますよ。


タイミングが合わない


恋愛においては、“タイミング”はとても重要なポイントのひとつだと言えます。


いくら好きだと思っていても、タイミングが合わないことが多いと、「なんか違うかもな」なんて気持ちも芽生えてくるもの。


特に、会いたいタイミング、話したいタイミング、イチャつきたいタイミングなどが合わないと、恋愛へと発展はさせにくいかも。


タイミングを合わせるためには、自分の思いばかりを優先させるのではなく、相手の男性の状況もきちんとチェックすることが大事ですよ。


おわりに


たとえ気にはなっていた女性であっても、「合わないな」と感じたら、そのまま気持ちが薄れていってしまう可能性も高いです。


だからこそ、男性がどういったときに「合わない」と感じるのかは、ちゃんと知っておいたほうがいいですよ。


(山田周平/ライター)


(愛カツ編集部)



カテゴリ