気づいて…!気になる人への「好意を匂わせるセリフ」とは

気づいて…!気になる人への「好意を匂わせるセリフ」とは

恋愛で積極的になれない女性の中には、好きな人ができても思いが届かず、なかなかお付き合いまで発展しない……そんな悩みを抱えている人も多いはず。


彼から告白してもらえれば喜んでOKするのに…なんて考えていることでしょう。


しかし、男性だって、自分が好かれているという確信を持てなければ、なかなか告白に踏み切ることはできないはず。


そこで今回ご紹介する、「好意を匂わせるのに効果的なセリフ」を使って、彼に恋愛対象として意識してもらうところからスタートしましょう!



「〇〇くんのそういうところ好きだよ!」


「〇〇くんのことが好き!」とストレートに言うことができなければ、彼の言動に対して「〇〇くんのそういうところ好きだよ!」と言ってみるのがオススメ。


好意の対象を彼自身ではなく“そういうところ”に限定しているため、likeなのかloveなのかを曖昧にすることができます。


友達にも言ってもおかしくないのに、彼をドキッとさせる効果があるセリフです!


「一緒にいるとなんか楽しいな」


「一緒にいるとなんか楽しいな」は、好意を匂わせるセリフの定番! 


異性の友達にはなかなか言わないセリフなので、明言せずとも、なんとなく言いたいことが伝わりますよね。


言われた側が嬉しくなる“褒め言葉”でもあるため、惜しみなく使ってみてください。


「幸せ〜」


「幸せ〜」


2人きりでいるときや隣にいるときに、ひとりごとの程で小さく「幸せ〜」と言ってみるのも効果的。


言われた側は意味深な発言の真意が気になり、しばらくドキドキが続いてしまうはずです。


「何が幸せなの?」と聞かれたら、「今が幸せなの」「この状況が幸せなの」と、さらに匂わせてみましょう。


「好きな人いるの?」


捉え方によってはただの質問なのに、異性に言われるとちょっとドキッとしてしまうのが「好きな人いるの?」というセリフ。


聞かれた側は、「どうしてそんなこと気になるんだろう?」と、つい意識し始めてしまうでしょう。


「いないよ」や「内緒」といった答えが返ってきたときは、「どんな人がタイプ?」と追撃してみるのも効果的!


ポイントは「ふとした瞬間」に言うこと!


好意を匂わせるセリフを言う前に、「話があるんだけど」「実はさ……」なんて前置きをしてしまうと、自分も相手も身構えてしまいます。


ポイントは、何気ない会話の中でサラッと軽く伝えること!


自分の恥ずかしさを軽減できるのはもちろん、重くならないので相手も反応しやすいですよ。


(オルカ/ライター)


(愛カツ編集部)



カテゴリ