緊急事態宣言から1週間“深夜の解放区”『ANN』パーソナリティー陣が伝えたこと

緊急事態宣言から1週間“深夜の解放区”『ANN』パーソナリティー陣が伝えたこと

 新型コロナウイルス感染拡大により、7日夜に緊急事態宣言が出されてから1週間が経過した。テレビ局では収録の見合わせなどが相次いで発表される中、深夜ラジオのパーソナリティーたちはそれぞれの立場から発信を務めた。“深夜の解放区”との異名をとるニッポン放送『オールナイトニッポン(ANN)』の1週間の動きを振り返る。



【写真】令和初の『岡-1グランプリ』出場者の集合ショット



■星野源&乃木坂がリモート出演に挑戦 岡村隆史は自宅で充実した生活?



 緊急事態宣言が出た当日の7日の火曜日、まず『星野源ANN』(毎週火曜 深1:00)では、星野が2016年3月の番組スタート以来、初となる自宅からテレワーク出演。冒頭では「オードリーさんがむつみ荘から放送をするとかはあったと思うんですが、今僕ひとりで家にいますから。スタッフのみんなとはテレビ電話をつないで、スマホの画面を見ながらお送りしております。生活の延長でやっているから。調べてもらったら、ANN史上初めてだそうです。おそらくラジオ史上初なんじゃないかなと。みなさん、歴史をいま目の当たりにしています」と発表した。



 星野は続けて「すごいことなんだけど、僕のいる環境はすごくないんです。なぜなら日常だから」と平常心でスタート。その後も各コーナーなどを違和感なく放送を進めていくと、番組の最後には「家からできるということがわかりました。なので、何でもできるぞANNは。みなさん、これからもよろしくお願いします。ラジオという媒体を通して、同じ時間を過ごしていきましょう。外には出られないですけれども、こういう風につなげることができる。苦しいことに対抗する方法はいろいろありますが、僕が一番好きなのは楽しむことです。バラバラの場所で乗り越えていきましょう」と語りかけた。



 8日の『乃木坂46ANN』(毎週水曜 深1:00)は、新内眞衣と秋元真夏がリモート出演。新内は冒頭で「このところ、テレワークとかでこの番組をリアルタイムで聞けるという人が増えているんですよ。すごくありがたいんですけど、睡眠はしっかりとって、免疫力を上げてほしいですね」とリスナーに呼びかけ。「乃木坂に入ってから2週間休みになったことないよね」と話しながら、2人そろって自宅でゲーム『どうぶつの森』に励んでいることを明かした。



 リモート出演がプラスになっている面もあるようで、新内は「ANNパーソナリティー生活5年目になったんですけど、お風呂にも入ってきちゃった」とサービストークも。普段行っている動画での配信がないことから「こんな時だからこそ、妄想力を発揮して、私たちが今どんな服を着ているか…」とリスナーにちょっとしたクイズを出しながら「ちょっとやりにくいところもあるんですけど、今できるやり方で、リスナーのみなさんに少しでも楽しんでもらえるようにお送りしていきましょう」と最後までリスナーに寄り添いながら語りかけた。



 9日の『岡村隆史ANN』(毎週木曜 深1:00)では、岡村が番組冒頭から「家にずっといる。なんにもオモロイことが起きてないんです。きょうも何しゃべったらいいんですかっていう…」と嘆き節。それでも、家でできることを増やすため、ガンプラ作りの再開、実家から届いた鯵(あじ)を使っての干物作り、玄米生活もスタートさせたと明かした上で「あとは…風呂敷の包み方をネットで検索しまして、いろんなものを包んでます」と充実した“おうち生活”についてトークした。



 リスナーに「家でやっていること」を募集した後は、『第43回日本アカデミー賞』の話題賞をめぐって、互いのラジオ内で愛あふれるかけあいを披露していた星野が自身のインスタグラムで公開した楽曲「うちで踊ろう」をオンエア。オープニングトークで話題になった「桃の缶詰」の開封方法をめぐって、直後に放送されているANN0のパーソナリティーである水溜りボンドへのイジりもさく裂。ノリで始まったお便りコーナーの選曲では。4日深夜放送『オードリーANN』で話題となった大江千里の「格好悪いふられ方」がリクエストされるなど、ANNのつながりを改めて感じさせる放送となった。



■三四郎&菅田将暉のリレーに沸いた「ギャグつなぎ」に秘話 オードリーは『ドリームマッチ』トーク



 10日の『三四郎ANN』(毎週金曜 深1:00)の冒頭では、相田周二が「火曜日に緊急事態宣言が出されましたが、みんなで気をつけて乗り切りましょうよ。だいぶ心が参っちゃっている人もいると多いかなと思いますが」と呼びかけると、小宮浩信も「テレビもコロナの話が多いからね。そういう時はこの番組を聞いてください。腹がねじれ切るくらい面白いから気をつけてください」と笑いを交えながらアピール。仕事事情についても「ラジオとナレーションがある。あとはリモート収録もありましたね」と伝えた。



 その後は、相田がANN仲間の菅田将暉から回ってきた「ギャグつなぎ」の秘話として山田裕貴につなごうとしていたエピソードが飛び出し、山田が放送後に実際に幻のギャグ動画をアップするなど、リスナーにとってうれしい展開も見られた。



 11日の『オードリーANN』(毎週土曜 深1:00)では、直前に放送されている『SixTONESのANNサタデースペシャル』(毎週土曜 後11:30)の話題に。若林正恭が「先週はSixTONESが始まったから、スタジオ来てくれて。オレたちはいつも通りやったけど、ファンの方が聞いていたっていうのを考えたら、ラジオパーソナリティーとしての自覚が足りないね」と反省のコメント。『スクール革命!』で共演している高地優吾の話題となり「結婚した時も、ひとりでお祝いを持ってきてくれたりするのよ。だいぶ年上の芸人が結婚してお祝いですって持ってこないよね。作法がある子なんだろうね」と感謝の思いを伝えた。



 また、6年ぶりに復活したTBS系バラエティー特番『史上空前!!笑いの祭典ザ・ドリームマッチ』が直前に放送されていたことを受け、舞台裏のエピソードトークにも花を咲かせながら、自宅での様子についてもトーク。『岡村ANN』で選曲された「格好悪いふられ方」が再び話題に上り、若林が「『湯水の如く金使う』っていうフレーズにすべて置き換えて歌える」との説を提唱。それを実証すべく、2週続けて若林の歌声が流れるという放送となった。



 週明け13日の『菅田将暉ANN』(毎週月曜 深1:00)では「いかがお過ごしでしょうか、お家で何をやっていますか。菅田はずっと寝ています。この前の仕事が先週のANNでして。本当にヒゲがね、こんな伸びんねやっていう感じ」と現状を明るいトーンで報告。「ギャグつなぎ」とともに、アーティストたちの間で行われている「うたつなぎ」にも参加した菅田は「最初にうたつなぎがきていたら、僕は喜んでやらさせてもらったんですけど。タイミングというか、先にギャグをやってしまったから、こうなってしまったっていうのもあるし…」と笑いを交えながら振り返った。



 “キックの神様が作り上げた最高傑作”“神童”などの異名をとるキックボクサー・那須川天心が、11日に自身のツイッターで「夢で菅田将暉さんと試合してた。普通に負けたんだけどなんで?」とつぶやいていたことを知ると「そんなこと言うてんねやったら、正夢にしたろうかい。ビビっているっていうことでしょう」と冗談を交じえながら「想像したら、ゴングが鳴るまで立ってられるんでしょうか」と率直な思いを吐露。その後、天心が自身のツイッターを更新し「#菅田将暉ANN」とのハッシュタグをつけて「コロナ落ち着いたらやったりますか 夢は普通に判定で負けでした強かったです」とつぶやくなど、アツい展開となった。



 俳優、アーティスト、アイドル、芸人と各ジャンルを横断するパーソナリティーたちがズラリとそろう『ANN』。1981年から90年まで放送され、今や伝説として語り継がれている『ビートたけしANN』のパーソナリティーであるビートたけしは、昨年9月放送のNHK・BSプレミアムの『アナザーストーリーズ 熱気が生んだ真夜中の解放区~オールナイトニッポン伝説』で次のような言葉を残していた。「スマホがない時代の、ある部分SNSの代わりをやったかなっていう。SNSだとリスナー同士がやるけど、一応オレの回線を通して、自分と同列の人たちと情報交換ができていたような場が『オールナイト』ではあったのかな」。全国に不安な気持ちが広がった1週間、ANNのパーソナリティーたちの声を通してホッとひと息つけたリスナーは多いはずだ。



 各番組の様子は、放送後1週間以内は「radiko」で聞くことができる。
カテゴリ