『ウルトラマンZ』主題歌に遠藤正明 エンディングは玉置成実で「とても光栄」

『ウルトラマンZ』主題歌に遠藤正明 エンディングは玉置成実で「とても光栄」

 円谷プロダクションは16日、テレビ東京系で6月20日スタートの「ウルトラマン」の新テレビシリーズ『ウルトラマンZ』の主題歌がアニソンユニット「JAM Project」の一員の遠藤正明の「ご唱和ください 我の名を!」、エンディング楽曲が玉置成実の「Connect the Truth」に決定したことを発表した。また、主人公が持つ新たな変身アイテム「ウルトラゼットライザー」と「ウルトラメダル」によって発動するウルトラマンゼットの新たな3タイプと、その姿をご覧頂くことが出来る最新映像も公開された。



【画像】ウルトラマンゼットの新たに公開された3フォーム



 本作は、対怪獣ロボット部隊「ストレイジ」の新人パイロットである主人公・ナツカワハルキ(平野宏周)と、ウルトラマンゼロの弟子にして熱いハートを持つ新人ヒーロー・ウルトラマンゼットという若き二人の熱血バトルストーリー。



 主題歌を務める遠藤は「俺が子供のころ、テレビの前で毎週ドキドキハラハラしながら夢中で観ていたウルトラマン。いつも近所の公園で友達と遊ぶ定番の遊びはウルトラマンごっこ。今でも歌詞まで記憶し、歌えるウルトラマンの歌。俺は諦めない事、信じる事、思いやる心、人生においての大切な事をウルトラマンから教わった気がする。そんなウルトラマンシリーズの歌をウルトラマンと共に少年時代を過ごして来た俺が担当させてもらえる事は本当に光栄な事で運命さえ感じている」と感慨深げ。「俺を育ててくれたウルトラマンに今度は俺が恩返しをする番だと思っています。あのころの俺の様に毎週テレビの前でドキドキハラハラしながら応援する子供達と一緒に歌で『ウルトラマンZ』を熱く応援し、盛り上げて行きたいと思います!」と力を込めていた。



 玉置は「今回歴史のあるウルトラマン作品『ウルトラマンZ』に、エンディングテーマで参加させていただける事、とても光栄に思っています」と喜び「本編を見終わった後、この楽曲を聞いて次週も楽しみにしていただけるとうれしいです。パワフルでダンサブルな楽曲に仕上がっていますので、楽しみにしていてください!!」と呼びかけた。



 ウルトラマンゼットは変身アイテムのウルトラゼットライザーに変身者それぞれの「ウルトラアクセスカード」をセットし、歴代ウルトラマンの力が宿った「ウルトラメダル」を3枚はめ込んでスキャンすることで、メダルの力が宿る。公開されたのは「アルファエッジ」「ベータスマッシュ」「ガンマフューチャー」の3タイプ。「アルファエッジ」は受け継がれてきた師弟の力・ゼロ、セブン、レオのウルトラメダルで変身し、師匠譲りの宇宙拳法で戦うスピードタイプ。「ベータスマッシュ」は伝説を築いてきた兄弟たち・ウルトラマン、エース、タロウのウルトラメダルで変身し、パワフルかつ重厚な戦いを得意とするタイプ。「ガンマフューチャー」は希望を描く新たなる光たち・ティガ、ダイナ、ガイアのウルトラメダルで変身し、不思議な力を駆使して戦う超能力タイプ。光線技も多彩となっている。



 また、ウルトラマンゼットの声は、声優の畠中祐が担当。『ウルトラマンジード』(2017年)の主人公・朝倉リクを演じた濱田龍臣が本作にゲスト出演することも決定し、メイン監督は『ウルトラマンX』『ウルトラマンオーブ』でもメイン監督を務めた田口清隆監督と発表された。
カテゴリ